「久保弘毅」カテゴリーアーカイブ

この選手が凄い! その5 田口舞(飛騨高山ブラックブルズ岐阜)

この選手が凄い! その5

田口舞(飛騨高山ブラックブルズ岐阜)

田口舞
田口舞

【下のボールに強い】
 日本リーグのGKでは小柄な部類に入る。ハイコーナーが苦手なのは、誰もが知っている。田口自身もハイコーナーにナーバスになっていた時期があった。しかし今は割り切りを覚えて、最大の長所である「下のボールへの強さ」で迷いなく勝負できている。対戦相手も「田口は下が強い」とわかっているはずなのに、ついつい下に打ってしまう。
 スライディングの巧さはリーグ屈指で、ギリギリのコースに身体ごと投げ出し、シュートを防ぐ。足だけでなく、身体ごとボールに近づいていく動きは、中高生のいいお手本。カカトから無理なく滑って、最後まで面を崩さない。

【柔らかさと俊敏性の両立】
 スライディングが上手なのは、柔軟性があるから。いつも講習会では柔軟体操の見本を見せて、中高生を驚かせる。180度開脚したまま、上体を床にペタンと着けられるくらい、股関節が柔らかい。その気になれば、頭よりも高い位置につま先を振り上げることもできる。
 ぐにゃぐにゃと柔らかいだけでなく、股関節からスパッと腿を引き上げることができる。
股関節の瞬発力は、ラダートレーニングで鍛えてきた。細かい足さばきを早く正確に繰り返すことで、細かいステップからのダイナミックな動きにつなげてきた。さらには「GKは手と足と別々の動きが求められるから」と、ラダーをしながら手で物を扱う独自のトレーニングを開発している。

【人柄のよさ】
 教え上手で面倒見がいいから、講習会ではいつも人気者。しっかりと言葉で説明できる聡明さがある。ファンへの対応も親切丁寧。根本に、人に対する優しさが感じられる。
 ハンドボールの世界では「GKは変わり者が多い」と言われるが、いたってノーマルな常識人。あえて言うなら「性格がよすぎて変わり者」のタイプなのかも。同じ系列では飛田季実子(ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)、高森妙子(広島メイプルレッズGKコーチ)などがいる。
得点力不足のチームでも、気持ちを切らすことなく、同じGKの菊池麻美とタッグを組みながら、チームを勝利に導く。速攻の得点源だった比嘉桃子が引退したので、新たなホットラインも構築したい。田口が止めて、比嘉桃が走って1点のような、みんなが盛り上がれるパターンを作れるか。

田口舞選手は今シーズンのmelis契約選手です。

久保弘毅

この選手が凄い! その4 松信亮平(琉球コラソン)

この選手が凄い! その4

松信亮平(琉球コラソン)

松信亮平
松信亮平

【DFで頑張る】
 自他ともに認めるハードワーカー。飛び抜けたセンスはないものの、地道に汗をかいてチームに貢献する。OF志向の強い選手が集まった琉球コラソンの中では貴重な存在。細かいところに意識が行き届く名嘉真吾、ひたすら運動量で勝負する中村彰吾とともにDFを支える。労を惜しまないタイプゆえに、たまに余計な退場をもらったりもするが、松信が真ん中にいれくれないと、コラソンのDFが成り立たない。

【ルーズボールへの反応】
 ルーズボール、リバウンドなど、こぼれ球への反応がいい。松信自身が最もこだわっている部分でもある。床に転がったボールに素早く飛びつき、マイボールにする。
 実家が畜産業を営んでいることもあり、子供の頃から豚と育った。プレースタイルはまさに「泥臭いこと豚の如し」。イメージ以上に筋肉質で賢いあたりも豚に似ているか。
 速攻で走れる脚力があり、地肩は強いが、シュートがやや単調だったりもする。シュート確率は長年の課題ではあるが、守りから速攻に転じる場面で、松信の働きは欠かせない。東長濱秀作監督は、松信のような「水を運ぶ人」を大切にしている。

【スポーツショップの店員としても優秀】
 普段はスーパースポーツゼビオの宜野湾店で働いている。丁寧な接客で、店の売り上げに貢献しているという。ハンドボールシューズだけに限らず、シューズ全般に詳しく、細かい相談にも応じてくれる。軽さや履き心地から始まり、カカトのところに自分の番号を入れるなど、シューズ選びの楽しみ方をよく知っている。
 最近はハンドボール用品売り場をじわじわと拡張しているとのこと。松信が沖縄でプレーしている現役ハンドボール選手であることも、徐々に知られるようになった。コラソンの選手と一緒にシューズを選んだ思い出は、ハンドボールを始めた子供にとって大きな励みになるはず。ホームゲームと売り場の両方で、松信はハンドボールの未来を支えている。

松信亮平選手は今シーズンのmelis契約選手です。

久保弘毅

この選手が凄い! その3 藤本純季(トヨタ車体)

この選手が凄い! その3

藤本純季
藤本純季

藤本純季(トヨタ車体)

【よく声が出る】
 いくつになっても元気で、ハンドボールが大好き。いつも声を出しながら、楽しそうにプレーしている。最大の見せ場は点を取った後。シュートを決めて、叫びながら自陣に戻ってくる時の声がいい。高めの声で叫んでいるのだが、何を言っているかはよくわからない。トヨタ車体の先輩・門山哲也のような「雄叫び」ともまた違う。でも楽しそうだし、チームが盛り上がるから、それでOK。技術、体力を積み重ねて、そろそろベテランと呼ばれる年齢になってきたが、いつまでも若々しいフジモンでいてほしい。

【腕の振りが柔らかい】
 技術的な売りは、腕の振りの柔らかさ。球持ちがいいので、7mスローを任されている。フィジカル軍団トヨタ車体でビルドアップしながら、強さと柔らかさを両立させている。7mスローでは、オーソドックスな駆け引きで勝負。シュートのバリエーションが豊富な選手なので、もう少し遊びを増やしてもいいのでは? 大事な場面で任されることが多いので、今年こそは藤本が7mスローを決めて日本一に。1点差に泣いてきた歴史に終止符を打てるか。
 左サイドのポジションを争う杉岡尚樹と、腕の使い方の違いを見るのも面白い。特にループシュートでは、2人の違いが明確に出てくる。藤本は柔らかく腕をしならせて、脱力するタイプ。杉岡は内ひねりを強調して、腕をつき出すように打つタイプ。柔らかい軌道の藤本と、高く上がって急激に落下する杉岡との、ループの軌道の違いも見どころになる。

【意識が高い】
 試合中は味方や審判と、こまめに会話している。ファンや報道陣にも気さくに接してくれる。話はわかりやすく、ネガティブな感情を表に出さない。だから藤本の周りには人が集まる。
 昔はお調子者っぽいところもあったが、先輩たちの姿を見て学び、言葉にも深みが増してきた。迷った時に「一歩前へ」踏み出す姿勢がいい。講習会やチャリティーにも積極的で、事あるごとに「現役の選手が、今のハンドボール界をよくしていこう」と発信する姿は、尊敬に値する。
 現状への不平不満よりも、明るい未来のために、今の自分に何ができるか――こういう思いを持った選手が、次の世代へバトンをつないでいくことで、日本のハンドボール界は前進していくのだろう。

藤本純季選手は今シーズンのmelis契約選手です。

久保弘毅

チームの見どころ2018 【広島メイプルレッズ】昨年度女子準優勝

チームの見どころ

【広島メイプルレッズ】昨年度女子準優勝

【チームの戦い】
3年間チームを率いた金明恵監督が、男子のトヨタ紡織九州の監督になった。代わりに初めて女子を指導する中山剛監督が就任した。監督が変わり、メンバーも大幅に入れ替わって臨む1年になる。2位から優勝を狙うための陣容刷新ではなく、色々と未知数な部分が多いのが正直なところ。中山監督が就任して間もない5月の社会人選手権は完全に「手探り」だったが、9月の国体では決勝に進出するなど、リーグ開幕へ向けて状態は上向き。まずは上位4つに入って、プレーオフ出場を。今年のメンバーで四強に入れば、大きな自信になる。

【予想布陣】
LW:石川(石田)
LB:三田(木村)
CB:木村(眞継)
RB:眞継(門谷)
RW:門谷(三橋)
PV:角屋(堀川、近藤)
GK:板野(中村)

6:0DF

 得点王の李美京、ポストでリーグ最高の攻撃力を誇った高山の2人がいなくなった。攻撃のホットラインがなくなったと言われる一方で、2人だけで独占していたボールをチーム全体でシェアできると見る向きもある。チーム唯一の左利き・キャプテンの門谷を右バックで使うか、本来の右サイドで使うかも含めて、最適の布陣が決まるのはシーズンが深まってからになりそう。
 得点力不足が懸念されるので、これまで以上にDFに活路を見出だしたい。日本代表で研鑽を積むGK板野がいて、真ん中の角屋、堀川にはサイズがある。石川と門谷の両2枚目は運動量が豊富で、サイズ以上の存在感を示す。GK板野のスローイングがよくなれば、守って速攻で楽に得点できる機会が増える。

【人事往来】
IN
三橋(東京女子体育大)
木村(大阪体育大)
近藤(大阪体育大)
狩野(大阪教育大)
井内(岩国商)
田渕(華陵)
OUT
高森(コーチ専任に)
高山(引退)
李美京(未定)
村田(引退)
國廣(引退)

 三橋、木村、近藤の3人には即戦力の期待がかかる。三橋は佼成女子、東京体育大でキャプテンを務めたカリスマ性のある選手。小さくても気の利くDFで、チームを鼓舞する。近い将来のリーダー候補としても期待が大きい。木村は大学時代こそケガに泣かされたが、攻撃力は一級品。センターもしくは左バックで、開幕から出場時間をもらえそう。近藤は小さなポストだが「ハンドボールを分かっている」と、首脳陣の評価が高い。

【指揮官】

中山監督
中山監督

中山剛監督
 広島のハンドボール界の顔とも言うべき存在。湧永製薬のエースであり、日本代表のエースだった。引退後は湧永の監督を二度務め、代表のコーチ経験もある。これまでずっと男子を見てきたので、女子の指導は初めて。漢気の人で、余計な口出しはせずに、選手を見守るのが特徴だったが、メイプルの監督になってからはこまめに声をかけているという。湧永出身者らしく、フリーOFにこだわりを持つ。約30年間変わらないリーゼントと、黒いスーツでビシッと決める姿は、一度見たら忘れられない。

【キープレーヤー】

門谷
門谷

門谷舞
 ハンドボールへの取り組みのよさは、以前から高い評価を受けていた。入社5年目の今年から、満を持してキャプテンに。右サイドでも2枚目が守れて、攻守に体を張れるのが持ち味。日本代表には縁がないが、代表クラスの実力を有する。
 60分間コートに立ち続けて、攻守両面でチームにプラスをもたらす選手なのだが、5月の社会人選手権では、これまで決めていたはずの決勝シュートを外してしまうなど、ちょっと気負っているようにも見えた。キャプテンでバックプレーヤーも兼ねてと、これまで以上に背負うものが増えたのが原因か。しかしクレバーな選手なので、自分の役割を整理できれば、本来の勝負強さを取り戻すだろう。1試合10点を取るタイプではないが、勝負の節目に必ず絡んでくる。

【この技を見よ!】

石川
石川

・石川紗衣のDF
1枚目を守っている時は、ごく普通の新人選手だった。ところがシーズン途中から2枚目を守るようになって、頭角を表わした。嫌らしい位置に立ち、こまめに牽制を入れてくる。1人で2人を守れる勘のよさで、チームに欠かせない戦力となった。
2枚目DFの原点は、大分鶴崎高時代にさかのぼる。梶原健監督が「俺は信頼しているヤツにしか2枚目を任せない」と言って、石川に2枚目DFの技術を教えたという。左サイドの石川、右サイドの門谷の2人ともが2枚目を守れるDF力があるのは、メイプルのストロングポイント。他のチームにはない、大きな武器である。

広島メイプルレッズは2018年度、Kempaのユニフォームで戦います。

久保弘毅

チームの見どころ2018 【大同特殊鋼】昨年度日本リーグ男子3位

チームの見どころ

【大同特殊鋼】昨年度日本リーグ男子3位

【チームの戦い】
 昨年は東江と朴重奎の2対2に頼りっぱなしだったが、シーズン途中に韓国から尹時烈が加わりパワーアップ。プレーオフでは1勝のみに終わったが、短期決戦に強い大同の雰囲気が戻ってきた。伝統のチームワークと堅いDFをベースに、得点のバリエーションが増えれば、タイトル奪還も現実味を帯びてくる。

【予想布陣】
LW:久保龍(千々波、石橋、吉田)
LB:尹時烈(東江)
CB:東江(藤江、原田)
RB:池辺(斎藤)
RW:平子(杉本)
PV:朴重奎(加藤、伊藤、瀧澤)
GK:久保侑(田中、友兼)

5:1DF

 伝統の5:1DFは、そろそろ「次」を用意しておきたいところ。トップの千々波が元気なうちに、リーチの長い後継者を作っておきたい。長身の吉田が候補になるか。フルバックも朴重奎がいるが、攻守の切り替えが遅くなると、大同の十八番である「堅守速攻」が出せなくなる。5月の社会人選手権では、朴重奎がケガした時間帯にフルバック千々波で乗り切った。トヨタ紡織九州のような走り勝ちたいチームが相手なら、フルバックに千々波を置いたスモールラインアップが効果的かもしれない。
 攻撃では左腕・池辺が一本立ちできるかどうかがポイント。尹時烈、東江、藤江の右利き3枚でバックプレーヤーをやっても悪くはないが、池辺が右バックに入った方が攻守にバランスが整う。尹時烈が昨年以上にフィットすれば、東江がより「打てるゲームメイカー」として機能する。相手がプレスDFを仕掛けてくれば、4人目のバックプレーヤー藤江が、広いスペースを切り崩してくれる。

【人事往来】
IN
友兼(日本体育大)
斎藤(国士舘大)
OUT
野村(引退)
東(引退)
上原(引退)

 左利きとGKが抜けて、そのポジションを新人で補強した。勝負強かった野村の穴は、そう簡単には埋まらない。左利きで、決して器用ではないけどしぶとく、チームのために汗を流せる男だった。タイトルのかかった試合では、必ずと言っていいほどクロスからのロングを決めて、チームを救ってきた。野村と同じ役割を、いきなり新人の斎藤に求められないが、池辺と2人で右バックのポジションを埋めていけたら。
 GK兼コーチだった東も、勝負強さと雄叫びで、長年チームを支えてきた。友兼は東よりもさらに小柄だが、瞬発力があって、学生時代からキャリアを積んできたGK。メインの久保侑が当たらない日に、短時間でインパクトを残してくれると、チームも盛り上がる。

【指揮官】
岸川英誉監督

岸川監督
岸川監督

 玄人好みなマルチプレーヤーだった現役時代と同様、監督になってからも丁寧にチームを作っている。地道にベンチメンバーを強化し、藤江や伊藤らを効果的に使う采配は、見ていて面白い。今年は首の大ケガから復帰したキャプテン・加藤をどう起用するかが見もの。選手の持ち場を上手に作り、信頼してコートに送り出すなど、モチベーターとしても優秀。「短期決戦に強い大同」の雰囲気を取り戻しつつある今シーズンは、日本選手権とプレーオフの2冠奪還を目指す。

【キープレーヤー】
加藤嵩士

加藤
加藤

 本当なら日本代表の正ポストになっていたはずの人物。人柄がよく、意識も高く、当たり負けない強さがある。まさに頼れる大男だったのだが、昨年は頸椎のケガで丸一年を棒に振った。加藤がいなかったから、朴重奎がフル出場せざるをえなくなり、昨年は攻守の切り替えが鈍くなった。加藤が元気なら、朴重奎もフレッシュな状態でコートに立てて、相乗効果が見込める。
 まだ無理は禁物だが、いずれはポストの得点力不足に泣いている日本代表にも復帰してほしい選手。がっちりと位置を取ることもできれば、ライン際で意外な器用さを見せることもある。根っからのリーダータイプではないが、内定選手時代から「強い大同」を肌で感じながら育ってきた。一体感と勝利のメンタリティを次世代に伝える。

【この技を見よ!】
・東江雄斗の美しいハンドボール

東江
東江

 昨年12月に韓国代表の尹時烈がチームに加わった時に、最も喜んでいたのが東江だった。「尹時烈、朴重奎で2対2をやれば、黙っていてもDFが寄ります。そうすると僕の使えるスペースが広くなるから、楽ですよね」。シーズン前半は朴重奎との2対2でしか点が取れずに苦労していた。狭いスペースを無理やりドリブルで抜けていたのが、今では広いスペースで無理なく勝負できる。理にかなったプレーがしたい東江にとって、最適環境が整った。
 スペースを理解して、オーソドックスなプレーを選択するのが、センター東江の基本スタイル。それでいて勝負の際には沖縄独特のトリッキーな飛び道具も用意されている。勝負どころでの左手のシュートは「自然と出た」もの。最初から「やってやろう」と色気を出すのではなく、とっさの場面での選択肢が人よりも豊富で、なおかつ魅せるレパートリーが最後まで残っている。スペースと位置取りをより深く理解して、世界でも通用する「打てるセンター」に育ってほしい。

大同特殊鋼は2018年度、Kempaのユニフォームで戦います。

チームの見どころ2018 【トヨタ車体】昨年度男子準優勝

チームの見どころ

【トヨタ車体】昨年度男子準優勝

【チームの戦い】

 香川新監督の新体制で臨んだ昨年は、いい戦いをしながらも、金メダルには届かなかった。それでも吉野、杉岡、GK岡本大と新人3人が大当たりで、チームは大幅に若返った。その年のナンバーワンではないけど、地味に「いい選手」を獲って育てるチームカラーに、吉野や杉岡といった「誰が見ても一級品」の素材が加わり、化学反応が起こりつつある。今年はそろそろ「永遠のシルバコレクター」を卒業したい。

【予想布陣】

LW:杉岡(藤本)

LB:吉野(石戸、津屋)

CB:木切倉(門山、玉城、津屋)

RB:高智(渡部、熊谷、門山)

RW:渡部(内海、冨永)

PV:菅野(笠原、岡元竜)

GK:甲斐(加藤、岡本大)

6:0DF

 プレータイムを分け合いながら、勝利と育成を両立させるのが、酒巻清治監督(現テクニカル・ディレクター)時代からのよき伝統。吉野や杉岡を1年目からコートに立たせて、チームの中心に育て上げた。それができるのも、ベンチに控える門山がいつでも試合を立て直してくれるから。門山、木切倉、津屋といった展開力のある選手が状況を打開してくれるので、石戸や高智、熊谷といった一芸を持った選手も生きてくる。

 泣きどころは今年もポストか。ポストの得点力が上がらないと、セットOFで手詰まりになってしまう。攻撃の流れだけを考えたら、フィジカルと戦術理解のある門山をポストにするのも面白いのでは? 2対2の理屈をわかっているポストが1枚いれば、攻撃が停滞する時間帯を減らせるかもしれない。

【人事往来】

IN

なし

OUT

藤田(引退)

 昨年は大物新人3人を補強したので、今年の採用はなし。現有戦力のレベルアップに期待するしかない。

 ベテランのポストで、現役復帰していた藤田が、正式に引退。2対2の理屈を知っていて、守っては3枚目でリーダーシップが執れて、5:1DFのトップもできた藤田の存在は大きかった。富田(恭介・現中部大監督)と藤田の真ん中で、トヨタ車体は強くなった。富田と藤田の「次」を早急に確立しないと、6:0DFなのに真ん中でやられる悪循環が、いつまでたっても改善しない。

【指揮官】

香川将之監督

 理にかなったフリーOFと、オーソドックスな6:0DFをベースにしながら、前任者の酒巻監督よりも攻守に選択肢を増やして、ゲームをデザインする。就任1年目の昨シーズンは無冠に終わったが、随所に「これまでの車体とは違うな」という印象を残した。フリーOFだけに頼らず、要所の得点をフォーメーションで取り、ゲームを落ち着かせている。6:0DFのマークミスから真ん中で崩される「悪しき伝統」を立て直すために、5:1DFや4:2DFといったオプションを用意した。王道の戦い方だけに固執せずに、相手との駆け引きができる選択肢を増やしたあたりは、クレバーな判断だった。チームとしても、個を伸ばす実績は充分。あとは金メダルをどれだけ獲れるか。大事な試合の競った場面で、香川監督がどういう札を切るか。

【キープレーヤー】

渡部仁

 国際大会で最も頼りになる男、ジン・ワタナビー。中東圏では「ワタナベ」と発音するのが難しいらしく、現地のアナウンサーは「ワタナビー」と連呼する。これまでも世界を相手に高確率のサイドシュートを決めてきたが、近年は「攻守のバランス」を模索するダグル・シグルドソン監督のもと、代表で右バックに入る時間帯が増えてきた。攻撃では左利きの2ポジションでプレーし、守っては右の2枚目で相手のエースを封じる。右側のポジションのバランスを整える役割で、これまで以上に重宝されている。

 バックプレーヤーに入るのは「高校の時以来」らしいが、回り込んでのミドルが打てる右サイドだったから、ディスタンスシュートはお手の物。クロスの動きも軽快で、真ん中から少し左側に流れたミドルもよく決まる。もちろん本職のサイドでも、近め、遠め、ループと的確に打ち分け、8割前後の確率で決め切る。

 非常に意識が高く、国際試合で経験を積むたびに成長している。「門山さん(哲也・トヨタ車体)のように、しっかりと体を作って、理にかなったハンドボールができれば、長く代表でもプレーができる。僕は2024年まで代表で活躍したい」と言う。多くの選手が2020年をゴールに見据える中、目指すところが違う。

【この技を見よ!】

・杉岡尚樹のループシュート

 人とは違うメカニズムが興味深い。多くの選手が、ループでは腕の力を抜こうとする。下手な選手だと、折りたたんだ腕をヒョイとつき出すだけの動きになってしまう。しかし杉岡は内ひねりをかけながら、右腕を突き上げる。天井にスクリューパンチを打ち込むような動きをイメージしてもらうと、わかりやすい。ひねる力を利用したループだから、アーチが高く、最高到達点から急激に落ちてくる。ギリギリまで強打とまったく見分けがつかないし、急激にブレーキがかかって落ちてくる軌道は、抜き球ではなく「縦の変化球」と言っていい。

「海外の動画を見て覚えた」打ち方らしいが、少なくとも国内で杉岡と同じ打ち方をする選手はいない。唯一無二のループシュートは、お金を払って見る価値あり。会場で見られた人はラッキー。「いいものを見た」と、幸せな気分になれるだろう。

トヨタ車体は2018年度、Kempaのユニフォームで戦います。

久保弘毅

この選手が凄い! その2 吉野樹(トヨタ車体)

この選手が凄い! その2

吉野樹
吉野樹

吉野樹(トヨタ車体)

【腕の振りが独特】
ヒジを真っすぐ伸ばした、ちょっと古典的な腕の振り。昔ながらの「ヒジを伸ばして、相手から遠い位置でボールを保持する」ような投げ方をする。野球の言葉で言えば「アーム式」の投げ方。吉野自身は「『バッティングセンター』って言われるんですよね」とぼやく。
しかし、吉野の動きをよく見てほしい。一見ヒジが伸びたまま投げているようだけど、肩甲骨を柔らかく使えているから、いいシュートが打てる。トヨタ車体の山本充伺トレーナーは「吉野の肩甲骨の使い方は、野球やハンドボール等、すべての投げる競技の人のお手本になる」と絶賛している。「アームだからダメ」ではなく、これが吉野にとって「快適に腕が振れる方法」。なかなか真似ができないオリジナルの技である。

【コントロールがいい】
 大きめのテークバックから、GKをよく見て、コースに打ち分ける。野球のたとえが続いて恐縮だが、同じ様な投げ方で思い出されるのが、長年中日のリリーフ陣を支えてきた岩瀬仁紀。岩瀬も一見アーム式の投げ方だが、スライダーをきっちりとコントロールできたから、40歳を過ぎてもなお現役で活躍できている。ハンドボールで言えば、元日本代表女子の早船愛子(元三重ほか)も同じ様なタイプ。左腕が伸びたまま回しているようで、肩甲骨が柔らかく、コースへきちんと打ち分けられていた。
 腕を伸ばしたまま振り回すタイプは、腕の重さを球威に替えられるメリットがあるが、コントロールにばらつきが出やすい。でも吉野は繊細なコントロール技術を持っている。これは間違いなく才能。あとは身体を倒してプロンジョン気味に壁をかわしたり、アンダーハンドでも打てるようになれば、ちょっと手がつけられない。

【チームを背負える】
 入社1年目からトヨタ車体のエースになり、チームの勝敗を背負って打ち続けた。大事な試合でも物怖じすることなく打ち続けた勝負度胸は、称賛に値する。2年目の今年は日本代表にも選ばれ、攻撃で流れを変える役割が期待されている。
本人も認めるように、代表ではまだ当落線上。左の1枚目DFでチームのプラスになれるくらいの守備力がつけば、おのずと出番も増えてくるだろう。攻守のバランスを重視するダグル・シグルドソン監督に「使いたい」と思わせるくらいのトータルバランスを身につけたいところ。トヨタ車体の門山哲也、渡部仁のように、いずれは攻守にチームを背負える男に育ってくれたら。

久保弘毅

この選手が凄い! その1 徳田新之介(ダバシュ・ハンガリー)

この選手が凄い! その1

徳田新之介
徳田新之介
(ダバシュ・ハンガリー)

徳田新之介
徳田新之介

【国際試合に強い】
 学生時代から国際試合に強い選手だった。国内でも活躍するが、海外の10cm、10kg以上大きな相手でも、プレーの質が落ちない。むしろ大きな相手とやる時の方が生き生きしている。日本の選手が不慣れな大型GKへの対応も、十分に心得ている。
筑波大学を卒業後は日本リーグを経ずに、ハンガリーへ渡った。進路を決めるにあたっても「もっと強くなるために、今すぐ海外に行かなきゃ」と、迷いはなかった。選手には伸びるタイミングがある。日本の選手はその時期を逃しがちだが、徳田は旬なタイミングで海外挑戦を選択した。ハンガリーリーグ1部のダバシュで1年間プレーし、次のシーズンの契約を勝ち取っている。

【タイミングを外すシュート】
 身長は179cm。日本人のバックプレーヤーの中でも小柄な部類になる。それでも日本代表でファーストオプションになりうる得点能力を有する。タイミングを外して1歩で打つステップシュートはバリエーションが豊富。わずかな隙を逃さずに打ってくる。7mスローも含めて、大きなGKが相手でも、あっさり決め切る技術と度胸がある。ここ2年ほどでポストパスも上達し、クロスからポストに落とすなど、プレーの幅がさらに広がった。

【1対1で相手を寄せる】
 国際試合で頼りになるのは、ベースにある1対1の強さがあるから。岩国工業伝統の「蛇行(いわゆるオフ ザ ボールの動き)」から始まって、インにアウトに強烈に切り返す。大きい選手をスピードで振り切る「逆ミスマッチ」を作れるのが強み。日本代表でも「徳田が1対1を仕掛けたら、必ずDFを寄せてくれる」と信頼されている。自分が切れ込むだけでなく、周りに広いスペースを作ってあげられるから、セットOFでは欠かせない。 
今後は自分の「寄せる力」を利用して、攻撃全体をクリエイトする能力が求められる。「自分が点を取る時間帯」と「周りに点を取ってもらう時間帯」を60分間で使い分けられるようになれば、日本代表の得点力が上がるはず。1試合で10点を取るのがエースではなく、チームの得点を増やすのが真のエース。そういう感覚を持っている選手なので、今後はさらに「勝利のシナリオを描けるエース」に育ってほしい。

徳田新之介選手は今シーズンのmelis
契約選手です。

久保弘毅

昨日より記念Tシャツも販売開始致しました。
Stick to it!! Tシャツ 徳田新之介モデル
https://neckar.jp/fs/melis/tokuda19_item

Stick to it!! Tシャツ 徳田新之介モデル
Stick to it!! Tシャツ 徳田新之介モデル

4色展開で3000円にて発売中です。

チームの見どころ  【プレステージ・インターナショナル アランマーレ】

【チームの戦い】
 ハンドボールどころ富山に新しくできた実業団チーム。氷見と高岡向陵という2強のある県なので、大学を出た有力選手が戻ってくる場所になれば、2年目以降の伸びが期待できる。現時点では、若くてちょっと足りない選手の集合体。経験でカバーできる部分と、経験だけでは何ともならない部分を見極めて、来年度以降の成長につなげたい。
富山でのホームゲームは、バスケットボールのBリーグのような演出で、プレー中も絶えずBGMが流れる。音と手拍子に合わせてプレーするので、アップテンポな展開の方がマッチしそう。

【予想布陣】
LW:牛山(鈴木、水野)
LB:望月(唐木澤)
CB:横嶋遙(菊池、牛山)
RB:園田
RW:佐藤(兒玉)
PV:鎌倉(横嶋遙)
GK:安田(石田)
DF:山本

主に6:0DF

 チームの要だった横嶋かおるが、年明け早々に引退。彼女がいたから、ここまで試合になっていたのだが、残されたメンバーだけでは少々厳しい。しかもエース望月が故障すると、園田への負担が大きくなる。片手キャッチが巧みなリーグ経験者・鎌倉へのポストパスを上手に利用したいところ。
 DFは失点が多いものの、OFのミスからの速攻が多いだけで、守れていない訳ではない。ハードワークを徹底しているので、好感が持てる。小柄なGK安田がハイコーナーに届かないところは、石田のサイズで補うだけでなく、プレスDFでカバーしてもいいのでは。

【人事往来】
IN
望月(国士舘大)
安田(日本体育大)
菊池(不来方高)
鈴木(東海大)
佐藤(東海大)

OUT
横嶋か

 サイズはちょっと足りないが、大学で終わるにはもったいない選手たちが加入。1年目からレギュラーの座をつかんで活躍した。望月は荒削りだが、カットインのキレ味に可能性あり。安田はリーグ最小のGKでも、ゴールを死守する心意気がいい。鈴木、佐藤の両翼は、DFでも頑張る。

【指揮官】
大森聡監督
 高岡向陵高を長年率いた、高校球界の名将。日本代表コーチで世界に触れて視野が広がり、実業団にチャレンジするきっかけになった。粘り強いDFと両サイドのスピード、ロングシューターの育成が得意分野なのだが、肝心の長距離砲がチームにいないため、大森監督の色を出せずに苦戦している。ロングシューターを大きく育てることができる指導者なので、サイズのある大砲を獲れれば、チームも大きく変わるだろう。

【キープレーヤー】
安田絢恵

安田絢恵
安田絢恵

 下位チームのGKはノーマークシュートにさらされる。ノーガードでやられる場面が多いから、技術以上に精神力が重要になってくる。打たれても、打たれても、なお向かっていける気持ちがないと、長いシーズンを乗り切れない。
リーグ加盟1年目で最下位に沈むアランマーレだが、新人GKの安田がいたから、ここまで戦えたと言っていいだろう。どんな時にもへこたれず、強い気持ちで立ち向かい、味方に声をかけ続ける。大森監督が「君の人間性が欲しい」と言って獲得したのも納得である。「せっかく憧れの日本リーグに入れたのだから、へこたれてる場合じゃない」と言えるあたりは、並の新人とは違う。リーグ最小の162cmでも、ハートの強さは一級品。これからも仲間を救う強気を発揮してくれるに違いない。
 
【この技を見よ!】
鎌倉絵美子の片手キャッチ

鎌倉絵美子
鎌倉絵美子

横嶋かおるが引退したので、チーム唯一の日本リーグ経験者になってしまった。当初はDFの要として期待されていたが、ちょっぴり押しの弱い性格もあってか、DFリーダーと呼ぶには物足りなかった。むしろ年明けからポストに入ることで、鎌倉らしさが出るようになってきた。
必殺技は片手キャッチ。ライン際に位置を取り、空中へのパスを片手でつかみ取る。センターの横嶋遙、右バックの園田麻乃との「縦の2対2」は貴重な得点源。「色んなところで2対2をしたい」と、意欲を見せている。ライン際だけでなく、中継からのミドルシュートという選択肢も面白い。鎌倉の得点が伸びれば、アランマーレの勝ち星は増える。

久保弘毅

チームの見どころ 【北陸電力】昨年度男子9位

チームの見どころ

【北陸電力】昨年度男子9位

【チームの戦い】
 最下位の常連チームだったが、2018年の福井国体へ向けて、若くて有望な選手を補強。5月の社会人選手権では初戦で湧永製薬に勝ち、日本リーグでも4シーズンぶりの勝ち星をトヨタ車体からあげるなど、地道な強化が実を結びつつある。苦難の時期を乗り越え、ようやくいいチームになってきたので、地元国体が最終目標ではなく、国体以降も強化を続けて、上位に食い込めるチームを目指してほしい。

【予想布陣】
LW:久保(成田)
LB:川島(須坂、竹内)
CB:銘苅(竹内、池上)
RB:藤坂(宮田、須坂)
RW:松島(高森)
PV:中山(新谷、大橋、小川)
GK:岩永(矢作)

3:2:1DFと6:0DF

 各ポジションに特色の違う選手が揃い、不動の7人が匠の技を見せていた以前からは想像もつかないほど、選手層が厚くなった。本来ならキャプテンの須坂がエースでDFの要になってほしいが、コンディションが上がらずDF専門になっている。それでも須坂の穴を感じさせないくらい、バックプレーヤーの頭数が増えた。あとは時間の配分と、攻守のバランスが問題か。
 藤坂がトップの3:2:1DFと、6:0DFを使い分ける。トップDFで最高の動きを見せる藤坂が、6:0DFの2枚目に入ると持ち味が消えていたため、シーズン途中から藤坂を3枚目にコンバート。経験のある銘苅と須坂ではさんで、藤坂を自由に動かすシステムが機能しつつある。6:0DFから3:2:1DFへの変化もしやすい配置なので、北電の新たな強みにもなりそう。

【人事往来】
IN
手塚(北陸高)
矢作(日本体育大)
大橋(日本体育大)
久郷(名古屋文理大)
竹内(アイスランド)
川島(早稲田大)
銘苅(スペイン)
OUT
切越

横川

 大量補強の目玉は、地元出身の川島。1年目から絶対的なエースになった。手塚は藤坂とともに、親子二代で北陸電力の一員。2人とも父親と同じ番号を背負う。竹内、銘苅とヨーロッパ帰りの2人が、攻守に強さをもたらし、選手層はかなり分厚くなった。
 逆立ちや側転セーブなどで人気者だったGK辻(旧姓川添)と、スピードのある1対1が持ち味だった切越は、惜しまれながら引退。2人ともまだ20代後半だったが、チームはさらに若返っている。

【指揮官】
前田亮介監督
 現役時代はセンター。監督になってからは戦術をよく落とし込んで、若いチームを立て直している。ターゲットを絞って、一発勝負に勝つのが上手。昨年5月の社会人選手権で湧永製薬に勝った時は、まさしくそういう試合だった。次なるターゲットは、今年の福井国体。その過程での日本リーグでも2勝するなど、地力はついてきた。銘苅、竹内と強い選手が増えたし、リーグトップクラスの筋トレの環境もあるので、もう少しフィジカルの強さを全面に押し出してもいいのでは?

【キープレーヤー】
川島悠太郎

川島悠太郎
川島悠太郎

 非常に思慮深い青年。その気になれば強豪にも入れる実力を持ちながら、将来の仕事などを考慮して、地元の北電を選んだ。試合前は人と群れずに、自分のための準備に専念する。試合になれば、間にはまって打ったり、DFの陰を利用するなど、説明のつくシュートを打つ。1年目から黙々と点を取り、背中で引っ張る姿は、北電史上最高のエースだった神田友和(前監督)を思わせる。
 いい意味で体育臭くなく、たどってきた経歴からも人間的な深みを感じさせる。自分で考え、自分で選択して、自分の人生を形作っていけるであろう好青年。彼のような選手が増えれば、色んな意味で日本のハンドボールのレベルが上がるはずだ。

【この技を見よ!】
竹内功の強さ

竹内功
竹内功

 中部大インカレ優勝時のエースは、大学までは「当たるのが苦手だった」と言う。しかし卒業後にアイスランドでプレーしてから、知らないうちに当たりの強さを身につけて、日本に戻ったら守れる選手になっていた。センターができて、2枚目が守れる選手がいると、攻守のバランスが非常によくなる。銘苅と竹内、どちらがセンターで出ても、守りでもプラスになるのが心強い。
 HC名古屋のスクール出身で、姉はHC名古屋の竹内里奈。男子の試合が休みの時は地元に戻って、姉の試合をノリノリで応援する。お姉さん思いの、いい弟でもある。

久保弘毅