カテゴリー別アーカイブ: 久保弘毅

チームの見どころ 【HC名古屋】昨年度女子6位

チームの見どころ

【HC名古屋】昨年度女子6位

【チームの戦い】
 昨シーズンは早々に連敗を止めると、3勝をあげて、新井ヘッドコーチ就任1年目で「最下位脱出」の公約を達成した。チームの雰囲気が劇的によくなり、選手の表情も明るくなった。昔からハンドボールスクールの指導など、地元に根差した活動を続けてきたチーム。勝つことで全員が報われ、好循環に乗りつつある。昨年で培われた一体感をベースに、今年は覇気を前面に押し出し、本気でプレーオフ初出場を目指す。

【予想布陣】
LW:安齋(木村)
LB:福井(丸山、綿引)
CB:笠原(多田)
RB:髙宮(水谷)
RW:水谷(馬場)
PV:吉田(竹内、中屋敷)
GK:瀧澤(白築)

6:0DFと5:1DF

 待望のゲームメイカー・笠原の加入で、チーム力が飛躍的に向上した。ここ10年ほど泣き所だったポジションに本格的なセンターが加入したことで、攻撃の意図が明確になった。とはいえ、笠原もたまに熱くなるので、今年は冷静な髙宮を右バックにして、判断力の部分を肩代わりさせている。
 DFでは水谷がチームの柱。昨シーズン終盤は水谷の負傷欠場から失速してしまった。水谷が年間通して健康であることが、上位進出の最低条件。竹内がケガから復帰すれば、5:1DFのオプションも使える。GKは遅咲きの瀧澤が27歳になってから正GKの座を獲得した。周りへの声かけ、スローイングなど、今年は捕ること以外の成長が著しい。

【人事往来】
IN
綿引(東京女子体育大)
飯島(東北福祉大)
多田(武庫川女子大)
白築(桐蔭横浜大)
OUT
戸塚(引退)
 かつての正GKで、新井体制の1年目にキャプテンを務めた戸塚が引退。キャプテンを降りると、チームに残らずに引退してしまうのが、HC名古屋の悪しき伝統でもある。キャプテンが燃え尽きてしまわないよう、チーム全体でサポートしてほしい。ちなみに今年のキャプテンはエースの福井。
 新人では経験豊富な司令塔の多田に期待がかかる。綿引はロングヒッターだが、女子球界有数のフィジカルを活かして、ポストでも起用される予定。

【指揮官】
新井翔太ヘッドコーチ
 愛知高、中京大を経て、ドイツ留学ののちにHC名古屋で指導者になった生粋の名古屋人。若くして、ハンドボールの本質をよく理解している。戦術理解の徹底だけでなく、チームのあり方、選手の立ち居振る舞いなど、細かい部分にも目を配り、万年最下位のチームを立て直した。就任2年目の今シーズンの公約は「プレーオフ出場」。いい戦いだけでは満足しない若き指揮官のもと、チームは大きく変わりつつある。

【キープレーヤー】
髙宮咲

髙宮咲
髙宮咲

 チームが強くなる時に、必ず求心力となる選手が出てくる。HC名古屋の場合は、髙宮が求心力となっている。髙宮を慕って、大阪教育大の後輩・笠原もHC名古屋を選んだという。先輩たちからの信頼も厚く、先頭に立ってチームの改革に取り組んでいる。こまめな情報発信からも、「HC名古屋をよくしていきたい」思いが感じられる。
 コート上でも攻撃の中心で、冷静に全体を見て判断できる。新井ヘッド曰く「センターではないけど、チームで一番センターらしい感覚を持った選手」。今シーズンは本職の右サイドではなく、右バックでの出場機会が増えているのも、髙宮の判断力に新井ヘッドが期待しているから。右バックを主戦場にするなら、インへ移動してのミドルだけでなく、アウトを割るプレーを増やしていきたい。

【この技を見よ!】
丸山紀子のシュート力

丸山紀子
丸山紀子

桐蔭横浜大時代はサイドシューターだったが、地肩の強さと運動能力を買われて、HC名古屋ではバックプレーヤーになった。不慣れなポジションに戸惑う日々が続いていたが、新井ヘッドに教わってコツをつかみ、男子顔負けの運動能力がシュートに反映されるようになった。豪快なミドルシュートに、新井ヘッド直伝のステップシュートが決まるようになり、「やっとハンドボールが楽しくなりました」。男子のような迫力のあるプレーで、チームに勢いをもたらす。ベンチからの得点源として貴重な存在。
コート外ではいい意味でのお調子者で、男子中学生のようなキャラクター。最近はハンドボールが上達し、「男子高校生にレベルアップしました」とのこと。

久保弘毅

チームの見どころ 【琉球コラソン】昨年度男子6位

チームの見どころ

【琉球コラソン】昨年度男子6位

【チームの戦い】
 長年司令塔を務めた水野裕紀が昨年から兼任監督になり、若返りに取り組んでいる。よくも悪くも、人の入れ替わりが激しいのがチームカラーで、今シーズンは大砲の趙顯章が移籍した。水野監督、村山、石田ら2008年リーグ加盟当初の一期生もベテランになり、次世代を担う生え抜きの育成が引き続きテーマになってくる。

【予想布陣】
LW:牧山(仲程、三村)
LB:石川(村山、棚原)
CB:村山(赤塚、水野、又吉)
RB:福田(村山、大和田)
RW:名嘉(浅井、中村)
PV:松信(伊計、連)
GK:内田(石田、田村)

6:0DF

 新人の仲程、浅井は決定力のある両サイドだが、まだDFに不安が残る。ベンチに近い側の時のみ出場して、DFでは牧山、名嘉が2枚目に入り、バランスを整えている。松信以外に真ん中を守れる人材がほしいところに、伊計が去年から台頭してきた。ここに大和田がもう1枚加われば、ローテーションが楽になる。以前にも増してOF型の選手が増えたため、かつてのコラソンの代名詞だった3:3DFは封印されている。
 攻撃陣ではバックプレーヤーの層の薄さが深刻。上手い選手は多いが、絶対的な決め手に欠ける。赤塚を左サイドに回せるくらいの余裕が出てくれば、四強に食い込めるのだが…。人手不足に悩んでいたタイミングで、元エース・棚原の復帰は朗報。

【人事往来】
IN
浅井(中京大)
仲程(東海大―デンマーク)
中川(朝日大)
東長濱(アドバイザーで復帰)
棚原(復帰)

OUT
趙顯章(豊田合成)

 左の大砲で、1年かけてチームになじませてきた趙が移籍した。真ん中を守れて、ロングが打てる趙の穴はとてつもなく大きい。台湾ルートで、趙に続く掘り出し物を補強できれば面白いが、若手を起用することも大事。新人では仲程、浅井の両サイドの決定力は、リーグでも通用している。
 チームの頭脳だった東長濱秀作が、今年からアドバイザーで復帰したのは嬉しいニュース。水野監督がコートに立った時に、ベンチワークを任せられる。また海外挑戦で宙に浮いていた棚原が復帰したのは大きい(10月21日の豊田合成戦から出場可能)。2年前はOFでの暴走が目立った棚原だが、東長濱アドバイザーなら棚原を制御できる。

【指揮官】
水野裕紀監督
 長年チームを率いてきた東長濱秀吉監督(東長濱秀作アドバイザーの父)に代わり、昨年から兼任で指揮を執る。選手との年齢も近く、毎日の練習をしっかりと見ることで、若手のモチベーションを高めてきた。チーム全体にハードワークを落とし込んでいるのも好印象。監督業が主とはいえ、スムーズなボール回しは健在。むしろ兼任になってからの方が、短時間で攻撃を立て直せているようにも見える。一時期ほど7人攻撃を使わなくなったが、勝負どころでは7人攻撃を仕掛けてくる。

【キープレーヤー】
福田丈

 右サイドのレギュラーだったが、趙が抜けた今年から右バックになった。元々が中部大インカレ優勝時の右バックで、本来のポジションに戻って「プレーしやすい」と喜んでいる。持ち味は視野の広いプレー。趙のようなロングの迫力は求められないが、コート全体が見えていて、正確にパスを配れる。シュートのバリエーションも豊富で、苦しい場面でのステップシュートはチームを救う武器になる。これまでの2年間とは異なる福田の魅力が、今年は見られるだろう。

【この技を見よ!】
・石川出のハードワーク

石川出
石川出

 大崎電気の時はスポットでしかコートに立てず、苦しんでいた。昨シーズンにコラソンに移籍してからは出場時間が増えて、攻守によさが出るようになった。自分のアピールだけにこだわるよりも、常にチームのことを考えてプレーした方が、石川の「らしさ」が出る。攻撃では常に前を狙いながら、周りを活かせる。守ってはハードワークで、味方を助ける。昨シーズンは特に、「DFでここまで身体を張るか!」というくらい、献身的なプレーが印象的だった。
打てて、守れて、勝負強くて、リーダーシップも発揮できる日体大時代のよさが、ようやく日本リーグでも見られるようになった。今年もフォア・ザ・チームのプレーでコラソンをリードしてくれるに違いない。年間通してチームの中心に置いておきたい選手なので、ケガには気をつけて。

久保弘毅

チームの見どころ 【ソニーセミコンダクタ マニュファクチャリング】昨年度女子5位

チームの見どころ

【ソニーセミコンダクタ マニュファクチャリング】昨年度女子5位

【チームの戦い】
 大城監督が就任した昨シーズンは、浮き沈みの激しい1年になった。主力が大幅に若返ったこともあり、いい試合をしたかと思うと、その次の試合がグダグダだったりと、好調が2試合続かなかった。最たる例が、プレーオフ出場をかけた2月の戦い。オムロンに最高の試合をしてプレーオフ出場にリーチをかけながら、翌日のHC名古屋戦を落として、チャンスを逃してしまった。経験を積み、戦力も整った今シーズンは、プレーオフ返り咲きを狙う。

【予想布陣】
LW:松村(田村)
LB:安倍(ダイバ、川村)
CB:權根慧(鈴木、岩﨑)
RB:山野(川村、藤井)
RW:藤田明(諸岡)
PV:角南(ダイバ、山本)
GK:飛田(網谷、関澤)

6:0DFと5:1DF

 昨シーズンは鈴木をセンターに据えた年明けから、チームの状態が上向きになった。鈴木が入ると、攻守のバランスが整う。今シーズンは鈴木の手本となる權根慧(グォン・グンヘ)を獲得。權根慧の助けを借りながら、鈴木にゲームメイクを覚えさせる1年になるだろう。
 懸案の左サイドには、移籍直後のケガなどで1年間試合に出られなかった松村が入る。体調が万全であれば、右肩が遅れて出てくる不思議なサイドシュートで魅せてくれるはず。位置取りの上手い川村を先発ではなく、4人目のバックプレーヤーにすることで、チーム全体の得点力がアップした。

【人事往来】
IN
田村(筑波大)
岩﨑(筑波大)
山本(日本体育大)
藤田遙(明光学園)
權根慧(韓国)
角南(三重バイオレットアイリス)
OUT
カルリン(引退)
錦織(引退)

キャプテンだったカルリン、ポストでいい仕事をしていた錦織が引退した。錦織の穴をどう埋めるかが課題だった、角南が入ったことで一安心。周りと合わせる力があるから、バックプレーヤーの力を引き出してくれるだろう。
權根慧は実力のあるゲームメイカー。ヨーロッパスタイルを志向する大城監督だが「力のある選手は大歓迎」と、韓国人司令塔の技に期待している。田村と岩﨑は華陵高の全国優勝メンバーで、ハンドボールIQが高い。

【指揮官】
大城章監督
 早稲田大を卒業後、スペインに渡り、本場のハンドボールを学んだ。その後は早稲田大男子の監督を経て、去年から女子の世界に飛び込んだ。世界基準の強さと、女性の自立を選手に求めて、あえて自由度の高いチーム作りを選択している。指導者と選手との関係性が「支配と服従」になりがちな日本のスタイルを、根本から変えてくれそうな監督。安定した戦いができるようになれば、彼のビジョンや信念がもっと評価されるだろう。

【キープレーヤー】
鈴木理紗

鈴木理紗
鈴木理紗

 東海大時代は、1つ上の川村杏奈が絶対的な存在だった。しかしソニーに入ってからは、DFができるセンターとして評価を上げて、今ではチームの中心選手になった。2枚目を守れる当たりの強さがあり、5:1DFのトップで動ける機動力もある。OFではフィジカルを活かしたカットインで好機を作る。大城監督は事あるごとに「鈴木を代表に呼んでほしい」と訴える。「守れるセンター」という点では、大山真奈(北國銀行)とのポジション争いになるだろう。
 のびしろを多く残した選手で、これからの課題はゲームの起承転結を学ぶこと。自分の得点力だけに頼らず、60分トータルで試合を組み立てる術を覚えていきたい。權根慧を手本に、ゲームメイカーとしてさらなる成長を。

【この技を見よ!】
・山野由美子の肩甲骨

山野由美子
山野由美子

 入社2年目から左肩のケガに苦しんできた山野が、昨年から徐々に復活してきた。7年目の今年は状態もよく、肩甲骨が大きくスライドする独特のロングシュートの精度が戻ってきた。「4年ぐらいまともにシュートを打ってないので、29歳ですけど、25歳ぐらいの気持ちで」と言うように、肩がすり減っていないことをプラスにとらえている。以前のようなロング一辺倒ではなく、アウトフェイントも密かに上達している。
また今年からキャプテンに就任。リーダータイプのキャラではないが、後輩に妙に懐かれるという新しいキャプテン像で、チームを引っ張っていく。

久保弘毅

チームの見どころ 【豊田合成】昨年度男子5位

チームの見どころ

【豊田合成】昨年度男子5位

【チームの戦い】
 毎年的確な補強をしているのに、プレーオフにあと一歩届かない。昨シーズンも元スペイン代表のウーゴ・ロペスと、日本トップクラスのディフェンダー・武田享を補強しながら、5位に終わった。今年はラストピースとして田中茂監督を招聘し、悲願のプレーオフ初出場を目指す。

【予想布陣】
LW:野田(津波古)
LB:小塩(水町)
CB:樋口(藤)
RB:趙顯章(ウーゴ、今村)
RW:出村(今村、上田)
PV:橋本(舘盛)
GK:佐々木(藤戸、藤田)

6:0DF
 
 ウーゴを筆頭に、開幕から故障者続出で、ベストメンバーがなかなか組めないのが悩みの種。それでも3回戦制になった今シーズンは、合成の選手層の厚さがプラスに作用するだろう。各ポジションに一芸を持った選手がいるのが心強い。
 今シーズンから大きく変わったのがDFの配置。同じ6:0DFでも、今年は運動量を重視する2枚目に樋口を置いて、スタミナ切れが課題だったウーゴを2枚目から3枚目に配置転換した。趙はコラソン時代からハードワークに定評があり、DFでも真ん中で柱になってほしい存在。田中監督は脚力のある新人水町を、真ん中を守れるバックプレーヤーに育てようとしている。GK佐々木も含めてスケールの大きいDFラインは、合成の売りのひとつ。日本代表のダグル・シグルドソンヘッドコーチに見出だされた佐々木は、代表合宿で自信をつけて、今年から合成でも正GKになった。

【人事往来】
IN
水町(日本大)
藤(日本体育大)
趙顯章(琉球コラソン)
大橋(復帰)
OUT
榊原(引退)
中島(引退)
芳仲(引退)
藤堂(引退)
 
 かつての正GK藤堂、クイックシューターの中島ら、ひと昔前の合成を支えた主力たちが引退。血の入れ替えが進んでいる。
 新人の水町は、よくも悪くも「打ち屋」体質。打ち込める強さはあるので、いつ、どこで打つべきかを整理すれば、大きく飛躍しそう。藤はスピードのあるセンター。アップテンポな展開で役に立つ。趙の補強は、スタミナが切れやすいウーゴを補うだけでなく、2人同時にコートに立った時が楽しみ。ドイツでプレーしていた大橋は、練習生を経て復帰。いつも声を出す姿は、チームの雰囲気作りに欠かせない。

【指揮官】
田中茂監督
 三陽商会ではクレバーな選手で、日本代表の常連だった。引退後はスペインのバルセロナに留学し、その後はナショナルトレーニングセンターで指導していた。単独チームを見るのは49歳にして初めて。少々遅すぎる監督デビューにはなったが、理論派でコミュニケーション能力も高い。戦力は揃っているので、絶対的な統率力を示すことができれば、1年目からプレーオフ初出場の目標をクリアしてもおかしくない。

【キープレーヤー】
趙顯章(チャオ・シェンチャン)

趙顯章
趙顯章

 台湾代表の大型左腕が、琉球コラソンから移籍。ロングが打てて、体勢を崩しながらのアウト割りもできて、ポストパスもできる。チームにフィットしてくるこれからが楽しみ。勝負の責任を背負って、大事な場面で打ちに行くメンタリティが素晴らしい。またDFでのハードワークも趙の持ち味。積極的に動いて、ルーズボールに絡むあたりにも、人柄のよさが伺える。日本語を覚えて、大事な場面で「集中!」と言ったり、他チームの選手と試合後に肩を組んで「友達」と言うなど、愛すべきキャラクター。日本のハンドボール界に完全に溶け込んでいる。

【この技を見よ!】
・出村直嗣のシュート精度

出村直嗣
出村直嗣

 正統派のサイドシューターであり、日本で最も過小評価されている右サイド。フィニッシュの精度という点では、日本代表の渡部仁(トヨタ車体)、元木博紀(大崎電気)以上と言ってもいい。しかし「余計なことをしない」のが、出村のよさでもあり、物足りなさでもある。控えめで誠実な出村らしいと言えばそれまでだが、渡部なら回り込んでのミドルがあるし、元木にはスピードとブラインドシュートという飛び道具がある。出村もプレーの幅をもう少し広げてもいいのでは? 堅実無比のサイドシュートに、どんな味をプラスしていけるか。円熟期に入ったこれからの変わり身に期待。

久保弘毅

チームの見どころ 【三重バイオレットアイリス】昨年度女子4位

チームの見どころ

【三重バイオレットアイリス】昨年度女子4位

【チームの戦い】
 昨シーズンはリーグ加盟11年目で初のプレーオフ進出を果たした。これまで顔ぶれが決まっていた女子の四強に食い込んだ功績はとてつもなく大きい。櫛田監督がチームの青写真をしっかりと描き、梶原ビジネスマネージャーが地域とのつながりを作り、高井プロモーションマネージャーが写真と動画でチームの魅力を伝える――この3つの柱が機能したことで、三重の選手の意識が飛躍的に高まり、リーグ屈指の人気チームになった。「クラブチームのあり方」を追求する三重の存在は、企業チームにとってもお手本になる部分は多い。

【予想布陣】
LW:河嶋(近藤)
LB:原(多田、中田)
CB:加藤(林)
RB:多田(万谷、森本)
RW:島居(佐野)
PV:近藤(原、森本)
GK:高木(花村)

6:0DFと5:1DF

 原と万谷が真ん中を守り、GKの花村との3人で試合を落ち着かせて、途中から爆発力のあるGK高木(旧姓山根)を投入して一気に突き放す。昨シーズンはこのフォーマットが上手く機能した。大当たりはないが、いつもほどほどに当たる花村と、局地的な爆発力のある高木の使い分けが、60分トータルで試合を作るギアチェンジの役割を果たした。今年は精神的な成長が見られる新婚の高木を先発GKに据えて、スタートダッシュを狙う。
 課題は右サイドとポスト。特にポストは絶対的な選手がいないので、原の強さ、近藤の動き、左腕・森本の意外性を使い分けながら、バックプレーヤーを4人配置するような戦い方になるだろう。

【人事往来】
IN
林(桐蔭横浜大)
中田(福岡大)
島居(武庫川女子大)
水谷(茨城大)
OUT
伊藤(練習生に)
角南(ソニーへ移籍)
池原(デンマークに移籍)

 チームで一番のフィニッシャーだった池原、攻撃を組み立てるポイントになっていた角南、この2人が抜けたのは痛い。代表クラスの右サイドとポストの穴をどうやって埋めるかが、新しいシーズンの課題になる。
 櫛田監督が「4人とも大当たり」と言う新人は、早い段階で戦力になっている。林は桐蔭横浜大を初のインカレ3位に導いたゲームメイカー。ポストとの2対2だけでなく、スペースを作る動きが上手い。中田はDF力とリーダーシップがあり、真ん中だけでなくトップDFでも使える。島居は高低を使い分けるサイドシュートが魅力で、何年もチームにいるような落ち着きがある。水谷はケガで出遅れたが、肉体派の左利きで期待は大きい。

【指揮官】
櫛田亮介監督
 日本の女子球界を変えるであろう指導者。ドイツでプレーした経験に、大ケガを乗り越えて北陸電力で社外選手としてプレーを続けた経験など、自分自身をマネジメントしてきた蓄積が、今のチーム運営に生きている。まっとうなビジネス感覚を持ち、目の前の結果に振り回されず、やるべきことを積み重ねていける監督。理不尽さのないベンチワークも、見ていて気持ちいい。

【キープレーヤー】
森本方乃香

森本方乃香
森本方乃香

 ゴリゴリカットインを得意とする肉体派ユニット「ゴリゴリシスターズ(通称GGS)」の一員。2年目の今年はポスト挑戦を志願して、5月の社会人選手権ではスペースに走り込むなど、気の利いたプレーでチームを盛り上げた。ポストの動きを勉強することで、本来のバックプレーヤーでの動きもよくなってきたとのこと。攻撃の「表と裏」が見えてきたサウスポーのこれからが楽しみ。多田仁美とのGGSでの活動にも期待。

【この技を見よ!】
・原希美の笑顔

原希美
原希美

 チームでも日本代表でもキャプテンの頑張り屋さん。苦しい時でも歯を食いしばって、勝利のために体を張れるのが、原の最大の長所である反面、1人で頑張りすぎるところもあった。ところがここ1年くらいで、いい意味で肩の力が抜けてきた。すべてを自分だけで背負い込むのではなく、仲間の力を借りながら、試合の節目でいい仕事をするようになった。コート上での笑顔が増え、肩の力が抜けたことで、プレーの幅も広がった。1試合に15本ぐらいシュートを打っていた「私が引っ張る」時代よりも、「仲間と頑張る意味」を理解した今の原の方が、チームにより多くのプラスをもたらしている。苦しい場面でも「私の顔を見て」と言えるリーダーがいるチームは強い。

チームの見どころ 【オムロン】昨年度女子3位

チームの見どころ

【オムロン】昨年度女子3位

【チームの戦い】
 昨シーズンのハイライトは日本選手権だった。東濱が攻守にチームを背負い、ポストの永田もライン際で仕事をして、決勝では延長の末に北國銀行を下している。しかし年明けからは永田のコンディション低下もあり、勢いは続かなかった。地元・熊本開催のプレーオフでは準決勝で広島に敗れるなど、不完全燃焼でシーズンを終えた。攻守に東濱への依存度が高すぎる今のチーム状況を、どこまで改善できるか。

【予想布陣】
LW:勝連(松本)
LB:吉田(小舘)
CB:東濱(末吉)
RB:松尾(石井)
RW:相澤(尾崎)
PV:永田(川俣、山下、福井)
GK:宮川(白石)

6:0DF

 昨シーズンスランプに陥っていた勝連が復調の兆しを見せている。東濱と永田が体調万全で、勝連がいつもの勝負強さを発揮できれば、何とか戦える。エースの吉田は好不調の波が激しく、走り込んでボールをもらえなくなると、とたんに手詰まりになる。吉田、松尾、石井のレベルアップがなければ、今年も苦しい。
GKは宮川が地道に成長しているのがプラス材料。学生時代から期待されていた白石が伸び悩んでいるのが誤算か。GKは使わないと成長しないので、宮川、白石の起用法もポイントになりそう。

【人事往来】
IN
尾崎(東京女子体育大)
西尾(天理大)
野中(明光学園)
OUT
山中(引退)
澤田(引退)
小林(引退)
上地(引退)

 右サイドの澤田の代わりに相澤、DF要員の小林の代わりに小舘、先発GKの山中の代わりに宮川が入る予定。黄慶泳ヘッドコーチは「今年は相澤、小舘、宮川を一人前に育てる年」と位置づけている。主力の穴を埋めるというよりは、むしろスケールアップと言っていいだろう。長い下積みを経験してきた3人の開花を期待したい。
 強かった頃は毎年のように学生球界のトップ級を獲得していたが、今年の新人補強は控えめ。左利きの尾崎が、右サイドのバックアップで出番をもらえるか。

【指揮官】
黄慶泳(ファン・キョンヨン)ヘッドコーチ
 日本代表監督も務めたことのある黄さんは、オムロン以外の選手、監督からも愛される人格者。韓国から日本に移り住み、日本のハンドボールの強化を誰よりも真剣に考えている。ちょっぴり不器用そうでも、全身全霊で思いを伝えようとするし、見た目以上に女心をわかっている。以前は主力メンバー固定の戦いを好んでいたが、近年は選手交代にチャレンジするなど、常に謙虚で向上心を忘れない。

【キープレーヤー】
相澤莉乃

相澤莉乃
相澤莉乃

 オムロンは伝統的に下積みが長い。高卒の選手が6年ぐらいの下積みを経て、主力選手に成長する。相澤は大卒でシュート力はあったが、DF面で評価の高かった澤田がいたため、入社してからの5年間、スタメンで出る機会に恵まれなかった。ようやくレギュラーの座をつかんだ今シーズン、どれだけのインパクトを残せるか。速攻ではスピードがあり、縦振りのフォームから歯切れのいいシュートを打ち込む。高低の揺さぶりができて、途中出場で培った勝負度胸もある。あとは不用意な退場をなくすこと。相澤が長くコートに立ち、右サイドで得点を量産することが、チームの勝利につながる。

【この技を見よ!】
・東濱裕子の孤軍奮闘

東濱裕子
東濱裕子

 やはり東濱がいるだけで、チームの雰囲気が違ってくる。DFでは永田と組んで真ん中を守り、OFではセンターでパスを配りつつ、大事なところは自分で打ってくる。ロングシュートとポストパスを基本線に、パッシブプレー寸前でも多彩なステップシュートで得点できる。攻守すべてにおいて、オムロンの最後の砦は東濱である。ただし試合前半から難しいシュートを打ちだしたり、ポストパスに優しさがなくなってきたら要注意。シンプルな攻撃ができていない兆候とも言える。攻守に負担が大きすぎるので、東濱の負担を肩代わりできる若手が1人でも出てきてくれたら。

久保弘毅

チームの見どころ 【湧永製薬】昨年度男子4位

チームの見どころ

【湧永製薬】昨年度男子4位
 昨シーズンは成田、東江がドイツ留学から戻り、久しぶりに戦える布陣になった。迫力のある試合をしたかと思うと、チームでまとまりを欠いたりと、好不調の波は激しかったものの、3年ぶりのプレーオフに返り咲いている。上位とも互角に戦えるだけの戦力は揃ってきたので、あとは杉山裕一新監督のもと、どれだけ一体感を作り出せるか。全員が素直に力を発揮し、互いに補うことができれば、タイトル奪還も夢ではない。

【チームの戦い】
【予想布陣】
LW:子安(矢田)
LB:成田(谷村)
CB:佐藤(東江、原)
RB:中浦(仁平、小賀野、稲毛)
RW:野村(福田)
PV:今井(助安、松本、稲毛)
GK:志水(伊藤、荻原)

6:0DF

選手層の厚さは、上位3チームにひけを取らないので、あとは組み合わせ次第。特にバックプレーヤーの3人はもっと自由に組み合わせてもいい。たとえば「エースの成田の代わりに谷村」ではなく、成田と谷村を同時に出場させても面白い。元エースの谷村を上手に使って、得点を上積みできれば、攻撃力がアップする。東江のトリッキーなシュートを生かしたい時は、佐藤と東江のセンター2枚を同時に使って、球回しのバランスを整えるのも悪くない。
 守備面では、成田の相棒となる、3枚目を守れる若手が出てきてほしいところ。ドイツ帰りの松本、新人の助安にメドが立てば、近年増えている真ん中での失点を減らせるだろう。杉山監督は「DFにこだわりたい」と、湧永山脈の復活をテーマに掲げている。名GK志水がいるうちに、もう一度DFを立て直したい。

【人事往来】
IN
助安(大阪体育大)
岡本大(中部大)
OUT
新名(大分で教員に)

 左サイドで勝負強さを発揮した新名が抜けるが、本来ならば子安が入るポジション。ケガで昨シーズンを棒に振ったが、今年は問題なし。
新人補強は、ポストの助安のみ。「湧永=ポスト」のイメージがあるので、助安も一級品のポストに育ってほしい。ベテランの今井がケガがちなので、世代交代は急務。
今年も稲毛、原、矢田の3選手が海外のトライアウトを受験するなど、毎年海外留学で選手が少なく、ケガ人が出ると人手不足に陥る。留学システムを続けるのなら、チームで抱える人数を、現状の18人からもう少し増やした方がいいかもしれない。

【指揮官】
杉山裕一監督
 誠実な大男は、いつも湧永山脈の真ん中で体を張っていた。現役引退後は営業職で頑張り、コーチを経て、今年から監督に就任した。弁が立つタイプではないが、ハンドボールへの情熱は人一倍で、人の心の機微を感じ取る繊細さもある。選手個々で温度差のあるチームを、どのようにまとめるか。喋りが達者な山中基コーチとの二人三脚で、名門復活に取り組む。

【キープレーヤー】

成田幸平
成田幸平

成田幸平
 2年間のドイツ留学を経て、フィジカルが強くなった。意識も高くなった。ファイトを前面に押し出すようになったのはいいことだが、チームメイトとの温度差にいら立ち、試合中にフラストレーションを貯めることも多くなった。とはいえ、成田の「勝ちたい気持ち」は、「強い湧永」復活に欠かせないものだし、全員が成田のレベルまで意識が上がれば、かつてのような「戦う集団」になれるだろう。ただし、成田にも歩み寄りは必要。若手にはもう少し優しい言葉を。味方のミスを尻ぬぐいして、その後に言うべきことを論理的に言えるようになれば、チームも大きく変わる。

【この技を見よ!】

今井昭人
今井昭人

・今井昭人の片手キャッチ
 ゴールエリア内のバウンドパスを片手で捕球して、ゴールにねじ込む。「湧永の伝統芸」とも言うべき片手キャッチが、今井の最大の武器である。DFからも邪魔されない場所でボールをもらえるから、パスカットのリスクを防げる。色んなところで2対2ができる。山口修(現・高知中央高監督)から受け継いだ「匠の技」を、これからは若いポストにも伝えてほしい。強いポストがライン際を制圧し、理詰めのセットOFでゲームを支配するのが、強い湧永の戦い方でもある。

久保弘毅

チームの見どころ 【トヨタ車体】昨年度男子3位

チームの見どころ

【トヨタ車体】昨年度男子3位

【チームの戦い】
昨シーズンは社会人選手権、国体の二冠を獲ったものの、懸念されていたDFの弱体化の影響で、残り2つの大事なタイトルを逃してしまった。引退した藤田を復帰させて、真ん中のDFを強化したものの、安定感は戻らなかった。使いながら育てていくチームで、毎年成長株が出てくる楽しみはある反面、底上げがタイトルに直結しないのがもどかしい。フィジカル強化をはじめとする個の育成力は間違いなくリーグで一番。勝利と育成を高い次元で両立させたい。

【予想布陣】
LW:藤本(杉岡)
LB:津屋(石戸、吉野)
CB:門山(玉城、木切倉)
RB:高智(熊谷)
RW:渡部(内海)
PV:菅野(笠原、藤田、岡元竜)
GK:甲斐(加藤、岡本大)

6:0DF

ベンチ入り全員を使いながら戦うスタイルは変わらない。アキレス腱断裂で丸一年を棒に振った木切倉の復帰はプラス材料。カットインとパス回しのイメージが強かったのに、復帰後には9mの外からロングを放つ「超回復」を見せていた。
選手層は厚いが、あえて不安なポジションをあげると、右バックとポスト。右バックは高智にムラがあり、熊谷は故障がち。ポストは人材豊富とはいえ、攻撃での決め手に欠ける。日本代表で真ん中に抜擢された笠原が、攻守にどれだけ支配力を示せるか。

【人事往来】
IN
吉野(明治大)
杉岡(中央大)
OUT
松村(GKコーチ専任)
﨑前(引退)
高木(引退)

勝負強かった松村、﨑前が引退したが、戦力的な目減りはあまり感じられない。新人の吉野、杉岡は早くもレギュラー争いに食い込んでいる。吉野はちょっぴりアーム気味のテークバックなのに、シュートのコントロールが抜群。ハイコーナーぎりぎりに打ち込む精度は新人離れしている。杉岡はスピードとシュートテクニックがあり、不動の左サイドである藤本を脅かす存在に。
5月の社会人選手権を最後に、ポストの高木が引退したのは残念。ヒザの状態が思わしくなかったとはいえ、攻撃力は車体のポストの中では一番だったので、得点力の低下が懸念される。

【指揮官】
香川将之監督
酒巻清治前監督が日本代表のチームマネージャーになったので、香川コーチが監督に昇格した。酒巻前監督はいずれ香川監督に禅譲するつもりでいたので、既定路線の人事である。非常に理知的で、人の意見を聞ける賢さがあるので、現役時代からチーム内だけでなく、社内での評価も高かった。強いフィジカルと原理原則を大事にする車体のハンドボールを継承しつつ、これまでのフリーオフェンス一辺倒から、もう少し整理されたハンドボールを目指していくという。選手のよさを的確に表現できるボキャブラリーがあり、新監督でありながら、なかなか味わい深いコメントをする。

【キープレーヤー】
津屋大将

津屋大将
津屋大将

全国的には無名でも、高い身体能力とハンドボールを理解する頭脳があれば、社会人で大きく伸びる――そんなトヨタ車体のコンセプトを象徴する選手が津屋だ。日本リーグに入れるかどうかの当落選上の選手が、しっかりと身体を作り、正しいハンドボールを理解して、打ててさばけるバックプレーヤーになった。これまでは右肩上がりに成長していたが、昨シーズンは入社4年目で初めて壁にぶつかった。以前のような「チームを勢いづける脇役」から「チームを勝たせる主力」にステップアップしたからこそ、求められるハードルも高くなる。「もうひと手間をより丁寧に」を心がけて、オーソドックスかつ理にかなったプレーで状況打開を試みる。

【この技を見よ!】
・門山哲也のコースの打ち分け

門山哲也
門山哲也

以前の門山は強烈な流しのシュートを持ちながら、引っ張りのシュートが甘くて苦労していた。しかし昨年から胸周りが柔らかくなり、「ボール1個分長く持てるようになった」ことで、コースの打ち分けの精度が上がった。常にGKを見ながら、GKの動き出しと反対の方向に打てているから、見ていて気持ちいい。ダイレクトに間を割る強さに加えて、GKの逆をつくシュート技術があるから、短時間で効果的な働きができる。苦しい場面でもOFを立て直せる力を買われて、日本代表に復帰した。

久保弘毅

チームの見どころ 【広島メイプルレッズ】昨年度女子準優勝

チームの見どころ

 

【広島メイプルレッズ】昨年度女子準優勝

 

【チームの戦い】

昨年12月に韓国代表の李美京が加入して、チームが生まれ変わった。センターでゲームをコントロールできて、ポストパスが上手い李美京が入ったことで、最大の強みであるポストの高山を生かせるようになった。高山にパスを出せずに苦しんでいたのがウソのように、色んなところからポストパスを出せるようになり、攻撃の幅が広がった。プレーオフの決勝では北國銀行の堅い守りに敗れたとはいえ、リーグ戦後半の「瞬間最大風速」は、間違いなくメイプルが一番だった。

 

【予想布陣】

LW:堀川(村田、石川)

LB:三田(青山、高山)

CB:李美京

RB:眞継

RW:門谷(石田、國廣)

PV:高山(堀川、角屋)

GK:板野(中村)

 

6:0DF

 

相変わらずバックプレーヤーが手薄なので、ポストの高山を上に持ってくる時間帯が今年も出てくるか。もしくは高山、堀川のダブルポストも考えられる。守りからそのまま攻めるために、ポストの堀川を左サイドに入れるパターンが昨年から増えている。本物のサイドシューターではないので、左サイドで仕留めたい時には本職の村田を投入。村田が一発必中で決めてくれると、流れがよくなる。右サイドの門谷は、ポストの高山とともに日本代表クラスの実力者。

 

【人事往来】

IN

三田(東京女子体育大)

石川(東京女子体育大)

中村(東京女子体育大)

OUT

塩見(引退)

塩田(引退)

笠木(引退)

加須屋

 

新エースに育ちつつあった笠木の引退が痛い。DFの要だった塩見の穴は堀川で埋められるとしても、笠木の得点力を肩代わりできる人材は見当たらない。派手なシュートを決める加須屋も登録から外れて、バックプレーヤーの頭数が致命的に不足している。

期待の新人は三田。佼成女―東女体大とエリートコースを歩んできたバックプレーヤーで、できることの幅が広い。非常にバランスがよく、判断力が優れている一方で、日本リーグレベルで通用する武器がほしいところ。石川、中村はバックアップからのスタートになる。

 

【指揮官】

金明惠(キム・ミョンヘ)監督

元韓国代表で、日本リーグでプレーする韓国人選手の草分け的存在。北國銀行で選手兼コーチとしてプレーしたのちに、立山アルミ、トヨタ紡織九州で長くコーチを務めた。韓国のスタイルを熟知しながら、日本のハンドボールもよく理解していて、2015年の監督就任以来「個のレベルアップ」を主眼にチームを強化している。細やかな気配りに優れ、男女問わず「ケイさん」を慕う人は多い。

 

【キープレーヤー】

 

板野陽
板野陽

昨シーズンは実質1人でゴールを守り抜いた。事実上のGKコーチ・高森のアドバイスを素直に吸収し、成長を続けている。長い手足をぐにゃぐにゃ動かしながら、意外な瞬発力でノーマークシュートを阻止する。軟体動物のようでいてダイナミックに動けるから、シューターは見慣れない光景に戸惑ってしまう。

以前から日本代表クラスのサイズと実力があったが、控えGKがいなかったチーム事情もあり、声がかからなかった。今年は新人GK中村が入ったので、心おきなく代表活動に参加できる。課題はスローイング。柔らかい手足をまとめきれないので、長い距離の送球に不安が残る。ここを克服できれば、次世代のNo.1GKになれる。

 

【この技を見よ!】

高山智恵
高山智恵

・高山智恵のポストプレー

メイプルが強い時は必ずと言っていいほど高山の得点が伸びている。しっかりと位置を取って、対角のポストパスをもらえている時は、セットOFが好調な証拠。かつて宋海林、大前(現コーチ)と築き上げたコンビネーションが、金美京が入ったことで復活しつつある。以前と比べてパスをもらえる機会が増えて、表情も明るくなった。

元々がポストで初の得点王まであと一歩まで迫ったこともある点取り屋。サイドDFに

チームの見どころ 【大同特殊鋼】昨年度男子準優勝

チームの見どころ

【大同特殊鋼】昨年度男子準優勝

【チームの戦い】
昨年7月に末松監督から岸川監督にバトンタッチ。急な監督人事がありながらも、伝統のチームワークでひとつにまとまった。昨年はタイトルこそなかったものの、やることを整理して、シンプルに戦えていた。2年連続で黒星スタートだった開幕戦に勝利するなど、内容は悪くない。東江という若き大黒柱がいるので、東江に続く若手が出てくれば、再び黄金時代を築ける。

【予想布陣】
LW:久保龍(千々波、石橋)
LB:東江
CB:藤江(原田)
RB:野村(池辺)
RW:平子(杉本)
PV:朴重奎(加藤)
GK:久保侑(田中)

5:1DF

伝統の5:1DFは健在。トップの千々波とフルバックの朴重奎のタテのラインを軸に安定感がある。GK久保侑はノーマークに強く、5月の社会人選手権では田中が絶好調だった。
ベストメンバーは確かに強いが、セカンドメンバーがやや心もとない。ポストの加藤、右サイドの杉本はレギュラーとそん色ないので、バックプレーヤーでもう一枚使える札がほしいところ。いざとなれば、朴重奎と加藤のダブルポストという強力なオプションがあるとはいえ、攻撃の幅を増やしたい。DF重視で起用される久保龍のサイドシュートの精度、朴重奎の戻りの遅さも要改善。

【人事往来】
IN
原田(大同大)
瀧澤(明治大)
吉田(国士舘大)
OUT
下村(引退)

攻守にいい働きを見せていた岸川が、昨シーズンから監督に専念。1対1が得意な下村も抜けて、バックプレーヤーが手薄になった。期待したいのはセンターの原田。東海ハンドボールスクールから大同高―大同大という生粋の大同育ちで、リーダーシップもある。OBの浦田悠司のような、言葉と機動力でボールをつなげる選手になってほしい。瀧澤、吉田はサイズのある新人。大同には大型選手を獲得して勝ってきた歴史があるので、期待は大きい。

【指揮官】
岸川英誉監督
現役時代からハンドボールの理解度が高く、日本代表では守れる大型サイドになったり、右利きの右バックでわずかなズレを利用したりと、求められる役割に順応していた。物静かなタイプのため過小評価されがちだが、監督としても優秀で、リーグ戦では1点差に追い上げられても途中出場の加藤を信頼して使い続けるなど、勝つことと育てることの両立を目指している。スピード重視の大同では珍しく肉体派だったので、フィジカル強化にも理解がある。

千々波英明
千々波英明

【キープレーヤー】
千々波英明
トップDFと言えば千々波。長いリーチとフットワークで、相手のパス回しを分断する。大事な場面では手を叩いて味方を鼓舞。「ここ一本」という場面を誰よりもわかっている。いつ、どのタイミングで声をかけているのかを見ているだけでも面白い。
パスカットからの速攻だけでなく、相手のGKがベンチに下がっている隙をつく「直接ゴール」も得意。決して肩が強くはないが、状況をよく見て、センターライン付近から確実にゴールに投げ入れる。新ルール導入以前から密かに得意としていたプレーだった。

東江雄斗
東江雄斗

【この技を見よ!】
・東江雄斗の多彩なシュート
兄の東江太輝(湧永製薬)はトリッキーな狙いを前面に押し出してくる。弟の雄斗は正統派のプレーを選択しながら、ここ一番で大胆な技を見せる。チェンジアップのような少し抜き気味のシュートでGKのタイミングを崩し、終了間際の7mスローで逆スピンを決めて、相手に捕まりそうな場面では左手でミドルを打ち込むなど、勝負どころで魅せてくるあたりは沖縄の血か。ポストの加藤曰く「あんな大事な場面でも左手で打ち抜けるのは、白元喆(元大同特殊鋼)と雄斗だけ」。入社1年目で得点王とレギュラーシーズンの最優秀選手賞を受賞するなど、実力は文句なし。2年目の今年はチームを勝たせて、日本の白元喆になってほしい。日本代表でも鍛えられ、DFが急激に上達している。