日本とアメリカの部活動の違い。

・こんにちは、スタッフの星野です。今日は同僚からバスケットボールシューズにまつわる面白い話を聞きました。きっかけは、最近、ソール部分が色々な色に光るシューズがあって、ダンスの時に履いたらいいね、なんて話していた時のことです。
 
同僚:「俺さ、高校の時にジャンプの高さが2倍になるっていうバスケットボールシューズを買ったんだよね。ほら、よく少年雑誌とかの裏に載ってるやつね。」
私:「それで高く飛べるようになりました?」
同僚:「そんな飛べるわけないよね。(笑)」
そりゃぁ、そうですよね。そんなバスケットボールシューズがあったらみんな買いますもん!
  
 そんな話から部活の話になりました。その同僚は中学から高校までの間、ニューヨークで暮らし、部活では特にバスケットボールにはまり、体育館、グランド、寮の庭など、時間さえあればどこでも練習していたそうです。同僚曰く、「相当上手かったからね。楽しくて仕方なかったな。バスケットボールシューズもボロボロでさ。でもそのボロボロ感が練習量の証っていうか、カッコイイんだよね。」と誇らしげ。
 
 そして同僚は日本とアメリカの部活動の違いについて教えてくれました。アメリカでは季節によってクラブを変えることが出来るので、シーズンごとに異なる部活に入れるそうです。同僚の学校で人気だったのは、バスケ、野球、アイスホッケー。大抵、どこの学校も3シーズンに分かれていて、3年間で最大9つの部活が出来ることになります。
 彼はこの形がとても良かったと言います。もし自分に向いてないと気付いたら違うスポーツに挑戦できる。サッカーが駄目でも野球で才能が発揮される人もいる。向いている向いていないに関わらず色々なスポーツに触れることで可能性も広がる。
 日本のように1つのスポーツの技術を磨き、チームメイト達とのつながりを密にしていくこともすごくよい経験になるので、日本もアメリカも同じくらい意味のあるものだと思います。両方の良いとこどりが出来たらいいですね。
 バスケットボールシューズで笑い話から真面目な話まで楽しめました。
 
 それにしても、いつも論理的で冷静な同僚が、まさか、ジャンプの高さが2倍になるバスケットボールシューズを購入していたとは!なんだかいつもより身近に感じました。

メリス契約選手 筑波大学 徳田新之介

徳田新之介
徳田新之介

メリス契約選手

Melisがサプライヤー契約を結んだ3選手を紹介します。

筑波大学 徳田新之介
岩国工業高―筑波大(4年) 21歳 178cm ●kg 左利き 右バック

■どんな選手?/国際大会に強い、日本の若き得点源。抜群のキレ味で間を割っていく。1月の世界選手権では、カットインが世界で通用することを改めて証明した。中山剛(元湧永製薬監督)、宮﨑大輔(大崎電気)、信太弘樹(大崎電気)と、日本の歴代のエースは20歳過ぎに世界でインパクトを残している。徳田もその流れに乗ったと言えるだろう。

■観賞ポイント/位置取りのよさ。オフ・ザ・ボールの動きの巧さは岩国工業伝統の「蛇行」の教えがあるから。それにプラスして、自分がDFを寄せることで、味方のために広いスペースを作る意識も持っている。これも立派な「周りを活かすプレー」。

■活躍の場/世界でも守れる強さが身につけば、言うことなし。

久保弘毅

ミズノシューズと防犯カメラ

・こんにちは、スタッフの榎本です。今日は私の友達の家のお話をしたいと思います。

 友達は中学2年生を筆頭に3人のお子さんのお母さん。お子さんはみんな新体操や野球などスポーツが大好き。履いているシューズもすぐ汚れてしまいます。お子さんが上達するようにと彼女は願いを込めて洗って玄関前の駐車場の空きスペースに家族のものをまとめて干すそうなのですが、なぜかミズノシューズがなくなる、どうやら盗まれている。しかもその数5足以上。かなりの出費だし、穏やかな彼女も怒りが収まりません。上履きとか自分のセールで買ったものは無くならないのに、ミズノシューズを狙っての犯行か。干す場所を変えればいい話かもしれませんが彼女は盗んでいる人に屈することは断固として出来ない!と。

 いろいろな策を考えた彼女は、ある方法であっさり解決させました。それを聞いて私は思わず、素晴らしい!と思ったのですが皆さんはどう思うでしょうか。
 彼女は干す時にミズノシューズの側に誰でも分かるように、目立つように「防犯カメラ設置しました」の張り紙を貼りました。そして、ここが彼女の賢いところなんですが、干している場所が撮れる角度にカメラを設置。このカメラ、実は偽物で何も撮れません。
それ以降、ミズノシューズが無くなることは全く無くなったそうです。
あっぱれ!!

スポーツジム通いとアシックスシューズ

・こんにちは、スタッフの星野です。今日は同僚とアシックスシューズの話をしました。
 彼女はスポーツジムに週4日通っています。彼女が今、履いているシューズはアシックスシューズの黒のシンプルなもの。
ヨガをこよなく愛し、インドまで学びに行ってインストラクターもやっているんです!
すごいですよね。

 ジムでは教える方ではなく、純粋にヨガを楽しみたいと、生徒として通っています。それもステキ。そしてプライベートではお友達を自宅に招きヨガを教えてあげているのです。
その時の写真をみせてもらいましたがみんないい表情で楽しそう!私も教えてもらいたくなりました。

 彼女は4月から新しいジムに会員登録しましたが、ロッカーを借りておらず、最近まで会社帰りにジムに寄るため、職場にアシックスシューズなど必要なものを持ってきていたそうで、それはそれは、満員電車を、荷物一式を持って乗るのは大変だったとこぼしていました。でも、ついに先日ロッカーを契約、必要な荷物をジムに置いていける便利さを喜んでいます。

 彼女曰く、ジムでロッカーを契約していない場合、履くシューズの重さはとても重要!だそうです。確かに!!

ドイツより  meine Lieblingssachen