チームの見どころ 【大崎電気】昨年度男子優勝

チームの見どころ

【大崎電気】昨年度男子優勝

【チームの戦い】
以前から言われているように、リーグきっての才能集団。日本代表選手を数多く抱えて、2チーム分ぐらいの選手層の厚さを誇る。これまでは圧倒的な強さを見せたかと思うと、思わぬ取りこぼしがあったり、短期決戦で力を出し切れずに終わることが多かった。しかし昨シーズンは後半に調子を上げて、初のプレーオフ連覇を達成した。大事な試合を落とさなくなったのは、キャプテンの岩永を中心にチームが成熟してきた証拠と言える。

【予想布陣】
LW:小澤(平子)
LB:信太(宮﨑、小山)
CB:植垣健(岩永、馬場)
RB:東長濱(柴山、時村)
RW:元木(植垣貴)
PV:小室(森、夏山)
GK:木村(東、村上)

6:0DF
馬場がトップの変則5:1DF

誰もが一芸を持っていて、組み合わせの妙が楽しめる布陣。前半はアップテンポで試合を作り、後半の勝負どころで夏山、時村、馬場を投入して守り勝つ。プレーオフでは小山という新たなDFのオプションが機能し、選択肢がさらに増えた。OFでは宮﨑が「代打の神様」的存在。プレータイムを制限することで、試合の入りでの爆発力がより生きるようになった。左サイドの小澤は長い時間プレーすることでよさが出るタイプ。出場時間が増えて、本来のキレ味が戻ってきた。

【人事往来】
IN
中谷(大阪体育大)
OUT
染谷(マネージャー)

小さくても人一倍のフィジカルでファイトしていた染谷が引退。今年からマネージャーに転身した。人柄がいいので、マネージャーにうってつけ。
新加入は大体大のキャプテンだった中谷。小柄でもハンドボールをよくわかっているセンターだった。大崎では左サイドで出番を伺う。19番の前任者・猪妻正活のような、展開力のある左サイドに育ってほしい。

【指揮官】
岩本真典監督
日本リーグ歴代最多得点記録保持者。2mの長身ゆえにロングシューターという扱いを受けてきたが、本質は確率の高いプレーを選択するパサータイプ。全体にパスを配って、攻撃を滑らかにする視野の広さが、今のチーム作りにも反映されている。NBAの選手交代のように、全員を上手にローテーションさせながら、プレータイムをコントロールしている。マスコミには多くを語らないが、ハンドボールへの思いは熱い。

 

【キープレーヤー】
植垣健人
日本代表でもセンターに定着してほしい選手。これまでも途中出場で決勝シュートを決めるなど、「打てる司令塔」として魅力をアピールしていた。国際大会にも徐々に慣れて、国内同様、強気で前を狙う姿勢が見られるようになってきた。得意分野であるゲームメイク能力をさらに磨くべく、今年から先発に昇格。試合運びの起承転結を学んで、ストーリー性のある組み立てができるようになってほしい。
日本代表ではボール回しの上手い植垣、シュート力のある東江雄斗(大同特殊鋼)、ダイレクトに間を割れる門山哲也(トヨタ車体)の3人で、センターのポジションを争う。

植垣健
植垣健

 

【この技を見よ!】
・森淳のポストプレー
色んなところで2対2ができる。決してでしゃばることなく、バックプレーヤーのやりたいプレーに合わせつつ、エリア内へのバウンドパスを片手キャッチ。難しい体勢からでもほとんどシュートを外さない。キャッチミス、シュートミスが少ないから、攻撃がいい形で完結できる。同じ190cmのポストでも、速攻についていける脚力では小室だが、セットOFの信頼感なら森。ゲーム終盤の大事な場面でも、バックプレーヤーが安心してパスを出せる。ヒザの持病さえなければ日本代表に定着していたはずの選手。十分すぎるくらいに気を遣っているだろうけど、年間通してコンディションの維持を。

森

久保弘毅

同僚のアシックスシューズの話

・こんにちは、スタッフの星野です。梅雨もあけて本格的な夏がやってきました。暑い日が続きますのでみなさんも十分な水分補給と睡眠でこの夏をのりきってください。
 
 さて今日は同僚が履いているアシックスシューズを見せてくれたのでそのお話です。
同僚は最近、富士山の近くでラン仲間と合宿をしたそうです。クッキーのお土産を買ってきてくれたことから合宿をした話になりました。富士山には登らなかったそうですが空気のきれいなところで仲間とランを満喫したと嬉しそうに話してくれました。いつもの場所を離れ、仲間たちと自然の中でランを楽しむ!気分もリフレッシュできるしとても良いですよね。

 私はさっそく同僚にみなさんどんなシューズを履いているのか尋ねてみました。全員がアシックスシューズではないそうですが、ほぼアシックスシューズを愛用中とのこと。同僚も通勤前に走ってくるのでその日も持参していて、見せてくれました。同僚のアシックスシューズは「ターサー」でした。白地に赤のラインとシンプルですがとってもカッコ良いのです。
 
 ここから彼がアシックスシューズについて熱く語りだします。いろいろ教えてくれたのですが一気に話されて情報量が多すぎたので、彼のオススメのアシックスシューズだけお伝えしたいと思います。(笑)
 まず私のようなラン初心者には、「ゲルカヤノ」や「ゲルニンバス」がオススメ。「ターサー」は路面へのグリップ力に優れている分、初心者には少し履きこなしが難しいかもと言っていました。そして、「ゲルフェザー」も好きなシューズの一つだそうです。彼は何足かアシックスシューズを持っていて走る距離や気分によって履きわけているんだそうです。
 あと彼が話してくれたのは、お気に入りのショップを見つけることも重要だということでした。彼にもよく行くショップがあって、定期的に自分の足の形を計測してもらい、新しいモデルのシューズを試したり、店員の方といろいろな情報交換、情報共有をしているそうです。ただシューズを買うだけでなく店員さんとランの話をしたりコミュニケーションも取れて、走ることがさらに楽しくなりそうだなーと彼と話していて思った私でした。

ミズノのホームページ閲覧のオススメ

・こんにちは、スタッフの星野です。今日も気温30度を越え、日中は外に出るのがほんと億劫になってしまいます。
  
 そんな暑さの毎日ですが、みなさん靴のお手入れはどのようにされていますか。例えばミズノはHPにお手入れ方法などミズノシューズやスパイクの様々な情報を載せています。みなさん見たことはありますか。
 ミズノシューズが雨で濡れてしまった時は「吸水性のよい紙をつめて形を整え、風通しのよいところで、陰干ししてください。」 と載っていたり、使用前に防カビ液をスプレーすると不快臭やカビの発生を抑えられることなどを教えてくれています。 
 
 私が「そうだったのか!気をつけなきゃ!」と思ったのは、【ひも式シューズは必ず靴ひもをほどいて脱着してください。】、この一文です。靴ひもを締めたまま無理にシューズを履くと、かかと部がつぶれたり変形することがあったり、また靴ひもを締めたまま無理に脱ぐとシューズをいためることがあるそうです。私は脱ぐときにはひもはそのままで、履くときにほどいてから締めていたのでこれを読んで後悔しました。このことを知ってからは必ずシューズひもは必ずほどいてから脱ぐようにしました。これはミズノシューズだけではなく他の靴にも言えることだと思います。【ひも式シューズは必ず靴ひもをほどいて脱着】をすることによって大事なシューズの寿命が延びるので、みなさんももし、以前の私のような履き方、脱ぎ方をしている方は試してくださいね。
 
 HPはその他にもミズノシューズについていろいろな情報が得られるんですよ。例えば、ミズノシューズに入れられる大きさの両足分2つでセットになっている乾燥剤シュードライヤーという商品があります。これを使うと水分をしっかり吸収してくれるだけでなく、抗菌・防臭作用もあるんです。もちろんミズノシューズ以外のシューズにも使えます。普段、スポーツメーカーのHPをじっくり見ることがあまりない方もいると思いますが、時間のあるときにゆっくり見てみると自分の知らない面白い情報や有益な情報がたくさん載っているのでオススメです!

ハンドボールのサイズ

・こんにちは、スタッフの榎本です。私は先日、ハンドボールのボールを目にする機会がありました。私は学生時代も今も、スポーツとは縁遠く(勝手に自分で縁遠くしているところも多大にありますが。苦笑)ハンドボールのボールはもちろん他のスポーツ用品にも詳しくありません。そんな私ですから、ボールの大きさに種類があることを先日はじめて知りました!野球やテニスには軟式と硬式があり、ボールの素材が違うことがあるということくらいは知っていたのですが、驚きでした。
 
 ハンドボールのボールはmoltenの規格では小学生低学年から使える0号から成人男性が使う3号まで4種類あるんですね。大きさは3号で直径19cmと思っていたより小さいんだなと感じました。
 
 そしてボールの色にもいろいろあって面白いです。黄色や青系が多いようですがどれも目立ちますしお洒落だなと思いました。ハンドボールはやらないけど、家のインテリアとして飾ったらかわいいな、とも思ってしまいました。

インソールの重要性

・こんにちは、スタッフの星野です。今週は梅雨らしく雨が多い1週間でした。
さて、今日は知人から聞いた、ハンドボールシューズにも同じことが言えるんだろうなぁと思ったインソールの話を書こうと思います。
 
 知人は趣味で仲間と一緒に定期的に長距離の練習をしたりマラソン大会に出たりしてランニングを楽しんでいます。そんな彼は、マラソン大会で出会ったタイムが早い人に、
インソールの重要性について聞いたそうです。自分の足にフィットしたインソールを履くことで走りやすさが増し、タイムにも反映すると。知人はその話を聞いて、すぐに自分のランニングシューズに合うインソールをオーダーメイドで作ったそうです。取り扱いのあるスポーツ店なら簡単に作れるそうです。知人はオーダーメイドのインソールを使うようになって長距離を走っても足が以前より疲れにくくなり、マメができることもなくなったと言っていました。
 
 この話を聞いて、ハンドボールシューズに同じことが言え、今よりもっとプレーしやすくなりそうだなと思いました。ぜひみなさんが履いているハンドボールシューズでも試してみてほしいです。

ドイツより  meine Lieblingssachen