カテゴリー別アーカイブ: 久保弘毅

メリス契約選手 筑波大学 徳田新之介

徳田新之介
徳田新之介

メリス契約選手

Melisがサプライヤー契約を結んだ3選手を紹介します。

筑波大学 徳田新之介
岩国工業高―筑波大(4年) 21歳 178cm ●kg 左利き 右バック

■どんな選手?/国際大会に強い、日本の若き得点源。抜群のキレ味で間を割っていく。1月の世界選手権では、カットインが世界で通用することを改めて証明した。中山剛(元湧永製薬監督)、宮﨑大輔(大崎電気)、信太弘樹(大崎電気)と、日本の歴代のエースは20歳過ぎに世界でインパクトを残している。徳田もその流れに乗ったと言えるだろう。

■観賞ポイント/位置取りのよさ。オフ・ザ・ボールの動きの巧さは岩国工業伝統の「蛇行」の教えがあるから。それにプラスして、自分がDFを寄せることで、味方のために広いスペースを作る意識も持っている。これも立派な「周りを活かすプレー」。

■活躍の場/世界でも守れる強さが身につけば、言うことなし。

久保弘毅

日本代表合宿レポート

日本代表合宿レポート

東京の味の素ナショナルトレーニングセンターで、ハンドボール日本男子代表の代表合宿が行われています。5月2日はメディア公開日でした。世界的な名将ダグル・シグルドソンヘッドコーチが就任してから初の合宿とあって、多くの報道陣が詰めかけました。

今回の合宿では22名の日本人選手がノミネートされた他、外国人のゲストプレーヤーが招かれています。台湾人の趙顯章(琉球コラソン)とアイスランドの若い選手たちが、日本代表に交じって練習していました。狙いは、日本人が普段体感できないサイズやフィジカル、シュートを肌で感じること。シグルドソンHCは「日本の選手は、これまで対戦したことのない、タイプの異なる選手と当たる必要がある。そういう選手に対してどう反応するかを学んでほしい。だからゲストプレーヤーを海外から呼んで、練習をレベルアップさせている」と言っていました。

GKの木村昌丈(大崎電気)は「日本にいると、大きい選手の速いシュートを止める機会がなかなかないから、いい刺激になっています」と言い、外国人と日本人のシュートの違いをこう説明していました。
「日本人は小さな頃から『全身を使ってシュートを打て』と教わっているから、身体の動きを見ればシュートコースがだいたいわかります。ヨーロッパの選手は手首とヒジだけで打ってくるので、そこが日本人との大きな違い。でも練習していくうちに、見えるようになってきました」
北林健治GKコーチも「びっくりさえしなければ、捕れるものですよ」と言っていたように、慣れで解決できる部分も大きいようです。また今回は世界に対抗するために、佐々木亮輔(豊田合成)、西出克己(トヨタ自動車東日本)、岡本大亮(トヨタ車体)と、190cm級の若手GKが呼ばれました。3人ともまだ国内での実績はありませんが、サイズを買われての初選出です。

報道陣の注目を集めていたのは、1月の世界選手権でも活躍した徳田新之介(筑波大4年)と玉川裕康(国士舘大4年)の大学生コンビ。大学は春のリーグ戦真っ最中ですが、チーム側の理解もあり、また本人たちもスケジュールを調整しながら、代表合宿に参加しています。
melisの契約選手でもある徳田は「ダグル監督が求める高いレベルについていけるようにしたい。代表に選ばれ続けるためにも、学生界でも『徳田が一番』と呼ばれるようにならないと」と、意気込みを語りました。岩国工時代から国際試合に強い徳田は、高校の恩師・倉谷康彦監督からも「いくら国際試合に強くても、国内で結果を残さないと代表で生き残れないぞ」と言われています。そのあたりを意識しての発言でしょうか。
玉川はシグルドソンHCから「DFでは頭を使いながらも、もっとリラックスして身体を使えるようになれば、もっと楽にプレーできる」とのアドバイスをもらったそうです。身長197cmの玉川は、シグルドソン監督が探し求めている「DFの真ん中を任せられる選手」の有力候補。長い手足をのびやかに使えるようになれば、世界に対抗できる大型ディフェンダーになれるでしょう。

シグルドソンHCは「フィジカル、技術、戦術、理解度、すべてを上げていきたい。私の目指すハンドボールは規律があって、全員で走り、全員でプレーし、全員で戦う。とても簡単でシンプルなハンドボールです」と、チームの方針を示していました。合宿中に週3回の筋力トレーニングを組み込むなど、コンタクトスポーツで避けて通れない部分と向き合いながら、日本のベースを上げていこうとしています。
シグルドソンHC率いる日本代表は、5月7日に埼玉県の富士見市民体育館で大崎電気とのエキシビションマッチを行い、7月29日の日韓定期戦(東京・駒沢体育館)が初の公式戦になります。

久保弘毅

ハンドボール選手紹介-51 日本女子代表#15角南唯(北國銀行)

角南唯
角南唯

#15角南唯(北國銀行)
四天王寺高-大阪体育大 25歳 161cm59kg 左利き 右バック・右サイド

■どんな選手?/カットインが得意な左腕。2015年の世界選手権では12月6日の「TOP5 PLAYS」に選ばれるなど大活躍した。長年課題だった藤井紫緒(元オムロン)の後継者は角南唯で決まりと思われたが、翌2016年2月にヒザのじん帯を切る大ケガに見舞われた。それでも復帰後は徐々にプレータイムを伸ばし、晴れて代表に復帰。妹の角南果帆(三重)と揃って日の丸を背負う。

■観賞ポイント/教科書に載せたいくらいのカットイン。ポストからのリターンパスを受けてスペースを割ったり、DFをアウトに寄せてからインに切り返したり、理にかなっている。

■活躍の場/攻撃が右流れになった時間帯に、左利きのよさを活かしてほしい。

角南がトップ5に選ばれたIHFの動画

久保弘毅

ハンドボール選手紹介-50 日本女子代表#41河田知美(北國銀行)

河田知美
河田智美

#41河田知美(北國銀行)
高松商業―大阪体育大 26歳 160cm55kg 右利き 左バック・左サイド

■どんな選手?/スモールサイズな点取り屋。160cmそこそこの身長で、羽ばたくようなシュートフォームから11mのロングを打ち込める。落ち際で打ったり、DFの枝をかわしたり、シュートコースが見えている。カットインも得意で、アシストも上手。北國銀行では「打つ、さばくの判断が的確な、賢くハンドボールができる選手」と高い評価を受けている。守りがやや弱いので、2枚目を守れる大型サイドとセットで起用されることが多い。

■観賞ポイント/7人攻撃でのカットイン。ウルリック監督が就任以来取り組んできた7人攻撃で、河田の判断力が無理のない得点につながるはず。

■活躍の場/短時間で追加得点を稼ぐインパクトプレーヤーに!

久保弘毅

ハンドボール選手紹介-49 日本女子代表#30亀谷さくら(ノルウェー・ヴァイパース)

亀谷さくら
亀谷さくら

#30亀谷さくら(ノルウェー・ヴァイパース)
NTG高 30歳 173cm●kg 右利き GK

■どんな選手?/ノルウェー人の父と日本人の母を持ち、ノルウェーで育ったGK。国際試合で活躍したいと願い、母方の国籍を選んだ。昨年のリオ五輪予選では中国戦で大活躍。好調時の迫力は「日本女子歴代最高のGK」との呼び声にふさわしい。ウルリック監督の言葉を噛み砕いて日本語で伝える役割にも期待。

■観賞ポイント/ダイナミックな詰め。シューターが目を離した隙に、恐ろしい速さで前に出てくる。当たりだしたら、国際試合で阻止率40%も見込める。ノーマークシュートに滅法強い。

■活躍の場/爆発力はあるけど、当たらない日はてんでダメ。よくも悪くもヨーロッパのGKらしい。当たらない時の見極めを、ベンチが素早く判断できるか。

久保弘毅

ハンドボール選手紹介-48 日本女子代表#39寺田三友紀(北國銀行)

#39寺田三友紀(北國銀行)
洛北高―大阪体育大 30歳 170cm70kg 右利き GK

■どんな選手?/29歳で初めて代表入りした、遅咲きのGK。ぽっちゃり体型で上背がなく、お笑い系のキャラクターで売ってきたこともあり、カリスマ性に欠けるとの扱いを受けていた。しかし近年は勝負強さとリーダーぶらないリーダーシップで、北國銀行を常勝軍団に押し上げている。念願かなっての代表入りで、世界のロングシュートの洗礼を浴びても、「捕れないこと自体が新鮮」と前向きにとらえている。

■観賞ポイント/海外でも通用するロングスロー。中央突破でポストにライナーパスを通したり、両サイドに散らしたり、DFの寄りを見て使い分ける。

■活躍の場/シュートを1本阻止するだけで、場が盛り上がる。人柄のよさで後方支援を。

久保弘毅

ハンドボール選手紹介-47日本女子代表#1飛田季実子(ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)

飛田季実子
飛田季実子

#1飛田季実子(ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)
大阪福島女子高―大和銀行―日立栃木 39歳 170cm66kg 右利き GK

■どんな選手?/経験豊富なベテランGK。今年で40歳になるのに、筋力、モチベーションともに衰え知らず。体力トレーニングから俊敏な動きを披露し、格の違いを見せつける。正確な位置取り、DFを励ます温かい声は、日本のGKのお手本。流れが悪い時にも我慢強く止め続け、勝負どころでは爆発的なキーピングで流れを持っていく。少しシャイな普段の姿からは想像もつかないほど、ゴールの前では頼もしい存在。

■観賞ポイント/途中出場で、流れを変える好セーブ。急な出番にも「そういう役回りだから」と動じることなく、入ってすぐに結果を残す。

■活躍の場/日本で最も使い勝手のいいGK。ベンチにいてもコート上でもチームにプラスをもたらす。

久保弘毅

ハンドボール選手紹介-46 日本女子代表#36山根エレナ(三重バイオレットアイリス)

山根エレナ
山根エレナ

#36 山根エレナ(三重バイオレットアイリス)
光南高―日本体育大 25歳 173cm69kg 右利き GK

■どんな選手?/スター性抜群のGK。母はポーランド人で、ハーフならではの華のある風貌で人気がある。大学時代は平均的なGKだったが、運動能力を前面に押し出すようになり、爆発的なキーピングで勝負できるレベルになってきた。苦手だったサイドシュートの阻止率も上がってきて、これからが楽しみな存在。声がよく通るだけでなく、地元鈴鹿のFM局では番組を上手に仕切るなど、コミュニケーション能力が高い。ただし英語は苦手。

■観賞ポイント/ノーマークを一発止めて、ガッツポーズ。スーパーセーブが多いタイプのGKだ。

■活躍の場/調子のいい日、悪い日がはっきりしている。いい時の爆発力は文句なし。悪い日にどれだけ立て直せるか。

ハンドボール選手紹介-45 日本女子代表#35大山真奈(北國銀行)

大山真奈
大山真奈

#35大山真奈(北國銀行)
高松商業高―大阪体育大 23歳 164cm60kg 右利き センター・右バック・左サイド

■どんな選手?/ヒロシマ国際で最も株を上げた司令塔。即席チームの中で堂々と周りを活かして、攻撃のリズムを作った。社会人1年目はDFと左サイドでの途中出場がほとんどだったので、代表での活躍ははっきり言って予想外。「飛び抜けた武器はないんで」とは言うものの、相手のシステム変更にも柔軟に対応しながら試合を組み立てる力は、今の日本の若手センターの中では一番では?

■観賞ポイント/寄せて余らせる攻撃の理屈をわかっているから、7人攻撃の戦術理解度が抜群。

■活躍の場/緩急を使えるし、試合のシナリオを組み立てる能力もある。自称オールラウンダーだが、ゲームメイカーの資質も充分。60分トータルで試合を作る経験をもっと!

久保弘毅

ハンドボール選手紹介-44 日本女子代表#34吉田起子(オムロン)

吉田起子
吉田起子
#34吉田起子(オムロン)
不来方高―東京女子体育大 27歳 171cm64kg 右利き 左バック・右バック

■どんな選手?/シュートを打たせたら凄い選手。ノーマークの場面や7mスローなど、自分のタイミングで打てる時には恐ろしい力を発揮する。しかしディフェンスやGKとの絡みが発生すると、いいシュートとダメなシュートが混在してしまう。昨季1年間でやっとエースらしくなってきたのに、今季は停滞しているのがもどかしい。

■観賞ポイント/インに動きながらクイック気味に放つシュートはワールドクラス。

■活躍の場/自分の得意技を出すための駆け引きがまだまだ。左サイドへの展開も含めて、オムロンの黄慶泳ヘッドが言う「ストーリー性のある得点」がもっとほしい。出番を増やすためにも、5:1DFのトップをやれるディフェンス力も必要。

久保弘毅